2015クリスマスケーキ「かっぽんとネコタンのクリスマスパーティー」苺賑やか

「かっぽんとネコタンのクリスマスパーティー、苺賑やか」
 


パーティー会場は、至ってシンプル。
コットンブレンドの生クリーム。
美しさ極上のステージ。


ご依頼主。
定山渓のゆるキャラ「かっぽん」とネコが大好きな
母と娘。
彼女らの指示のもと
「かっぽんは左側で、」とのことでトップ画像の配置に。


マジパンで作った「かっぽん」
写真を見ながら作りました。

後ろ姿。


ネコタン。
サンタ服着せました。
白い毛皮の部分はホワイトチョコレート。

後ろ姿。実は尻尾はシマ柄。

完全オーダー品。
この世に2つとはないかっぽんとネコタンのクリスマスパーティー。
今宵限り。

 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 00:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2015クリスマスケーキ3「豆乳チョコレートケーキ」


こちらも、乳製品を使わないケーキ。
豆乳とチョコレート。

「チョコレート、大丈夫ですか?」とお伺いするも、
クリスマスケーキまで、控えるものは控えて、アレルギーの薬もちゃんと飲んで、
この日に備えるから。ぜひ。

とのことで、
チョコレートケーキを豆乳で作りました。

上の画像が、18センチ。
下の画像は、21センチ。

 

実際にアレルギーをお持ちの方からのご注文は
21センチのケーキだったのですが、

作ってみたら、
豆乳のケーキが予想以上に美味しかったので、
別の18センチのご注文もこのケーキにさせていただきました。

大人用にはラム酒を2倍以上使って、ほわぁってラム酒とチョコレートの香りが鼻から脳天に立ち昇るようなケーキにしました。

こちらは、お正月休みに自分用にも作ろうと思って
スポンジだけさっき焼いて、シロップを塗って寝かしてあります。
よかったら年末年始、コットンに遊びにいらしてください。
このケーキで新年を祝いましょう。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2015クリスマスケーキ2ブッシュ・ド・ノエル

『白いフルーツロールのブッシュドノエル』

ご注文は、
「乳製品を使わないクリスマスケーキで、
ブッシュドノエルで、
チョコレートではなく、白いクリームで、
フルーツがふんだんに、いっぱいで、
できる限りいっぱい巻いてあっていっぱい乗ってて」(*^_^*)


その時点で、「フルーツロール」とのご指定では無かったのですが、
「フルーツがいっぱい巻いてあって」のフレーズで、
わたし自身がフルーツロールが食べたいの気持ちが膨らみ、

あと、デザインをどうしようかと
来る日も来る日も頭の中、ぶっしゅどのえる状態((+_+))

「フルーツがふんだんに、フルーツがいっぱいで、」
で、主なフルーツを買い集め、

巻いて乗せて、回りに並べて!(^^)!
わーい、可愛い!!

サンタさんもやってきた!わっほい、クリスマスがやってきた!

トナカイさんもやってきた。

リンゴしゃりしゃり、梨しゃりしゃり、
ピーチやバナナはとろんと甘く、
オレンジは爽やか。

なんと贅沢でフレッシュな、

クリスマスの白い薪。


「こどもが小さいうちは、
自然なもの、手作りのものを食べさせたい、
今はわからなくても、きっと大人になった時に、
違いがわかる、
自分がそうだったから。」

ご注文をくださったお母さまが、ケーキを前に話されました。


コットンチューリップを選んでくださってありがとうございます。
そのご信頼を裏切ること無く
今後もお菓子屋をつづけていきたい、と決意新たな、

白いブッシュドノエル。



 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2015クリスマスケーキ1

きのうが12月25日、クリスマスでした。

フェイスブックのタイムラインには、
クリスマスに「これを食べました」「これを作りました」の 投稿が、

ずら〜〜り。

羨ましい限り。 今年のクリスマス、
わたしが食べたクリスマスらしいものと言えば・・・


お客さまがおみやげに買って来てくれた 某コンビニのフライドチキン、
24日の夜にクリスマスプレゼント用お菓子を引き取りにきたお客さまが

「純子さん、チキン、食べた?」

当然答えは、「食べてない・・・」

チキンに限らずクリスマスっぽいお料理皆無。
しょうがないよ、お菓子屋だもの、クリスマスのある12月はケーキを焼き続ける。クリスマスの晩餐なんて無理って諦めてた。
そこへ
チキンのおみやげは、なんとグッドタイミング!

彼女はいつもそうだ、
ほんとうに、相手の気持ちを思いやり、
グッドタイミングなおみやげを持って現れる。
見習いたい。



そして、わたしがクリスマスに食べたクリスマスケーキは
上記画像のフルーツロール。

なんの変哲もないフルーツロールに見えるでしょ、
そ、

なんの変哲もない、 ロールケーキの端っこ。

ただ

こちらのケーキ、乳製品を使わないケーキ。

スポンジに牛乳の代わりに豆乳。
いつもは入れるバターなどの油脂が入っていないこと。
ホイップクリームは、豆乳。

なんの変哲もないロールケーキに見えながら実はかなりこだわってのご注文。

このケーキの本体は、ブッシュドノエル。


そこから切り落としが、わたしのクリスマスケーキとなった。


ブッシュドノエルのお話はまた別のお話。


 

JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2015年シュトーレン

コットンチューリップの2015年(今年)のシュトーレン。

今年の、と言っても去年と同じレシピ。
去年、やってやってここに行きついたレシピなので今年は変更なし。

去年より、材料がなんでもかんでも値上がりしてる。
一番は、アーモンド。胡桃。
そしてバターは相変わらずの品薄で購入量に制限がかかっている。

でも、去年と変わらずの2200円で。リボンも、いいリボンを使ってるから
これだけでもお得だと思う。


アーモンドプードルが、驚くほど値上がりしたけど、
この真ん中のアーモンドクリーム(ローマジパン)は外せない。
これが入ってるのと入ってないじゃ、シュトーレンの格が違う、
とわたしは思っている。
そして、このローマジパンを手作りしないパン屋さんやお菓子屋だっている。
うちは当然手作りする。

それはだって、安全で安心で、なにより、美味しいから。

バターもふんだんに、これでもか、って言うくらいの
バターを使う。
裏の材料表示を見て「マーガリン」なんて書かれていたら
がっかりする。

だってキリストさんのおくるみ、でしょ?シュトーレンって。

自家製ラムレーズン、自家製オレンジピール、クランベリー、パイナップル、いちぢく、胡桃、パンプキンシード、
いろーんな味や食感。
なんて贅沢な!って思うくらいたくさんのフルーツと木の実が入る。
クリスマスにありったけの自然の恵みを惜しみなく差し出す感じか。

こういう神聖なものは、嘘があってはいけない。
もともとお菓子は嘘をついてはいけない。
だからやっぱり、いくらバターが不足してもマーガリンは使ってたまるか!
って思って、がんばる。

焼けて不要な水分を落としたら、バターとラム酒を塗りまくり、
まずはグラニュー糖をかけておく。
しっかり冷めたら粉糖で真っ白にくるむ。

シュトーレンっておいしいの?

って過去に思ったこともあるだろう、
だって、シュトーレンって、本場ドイツでも、
いろいろ。・・・行ったことがないけど、そう聞いている。
だから日本でもいろいろ。

日本のクリスマスケーキが、貧弱なのからホテルの高級なのまでピンキリなように、
シュトーレンもいろいろ、・・・だそうだ。

ハズレを引いて、「こんなの?」って思ったこともあるだろう。

ならば、コットンチューリップのシュトーレンを食べてみて欲しい。

「え〜〜〜?!シュトーレンって美味しいんだぁ」って思うから。

2200円。要予約
 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 05:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Last Christmas cake(去年のクリスマスケーキ)


去年2014年のコットンチューリップのクリスマスケーキ。

2012年とほぼ同じ。
2012年にはこのクリスマスケーキの記事をけっこうな数、
書いているので興味があってお時間がゆるせば、このブログの上部、
タイトルの右下にある検索窓に「クリスマスケーキ」と入力して検索してみてください。
コットンクリスマスケーキの記事がずらずらずら〜〜〜っと出てきます。

今頃、何故にクリスマスケーキか、と思うよね。
わたしも思います、すみません!

まず、昨年クリスマスからお正月、年末年始、ずーっとなんだか忙しくて、
クリスマスケーキのアップができなかったことをずーーっと、
気になっていた、というのと、

きのう、フルーツミンスの漬けこみ追加をしたものだから、
その気になっていたことに拍車がかかり。やっぱりアップしとかないと!って。


2012年のケーキと、2014年の違いは、
トッピングでしょうか。
チョコがけしてそれを糊代わりにして、トッピングは文字通り
後のせしている。
2012年は、生地に乗せてから焼いていて、杏や無花果といった
高さのあるフルーツが焦げ気味になることを宿題にしていたので、
これを解消すべく、後のせにした。というとこ。

あとはほぼ変わらず・・・・あ! お値段、上がりました!この話題は今回はスルーさせていただいて。。。


これが↓トッピングの材料たち。奥がナッツで手前がフルーツ。


夜撮影と、朝撮影でぜんぜん色が違いますね、↓は朝撮影。鮮やかです。

ナッツはカラ煎りして砂糖がらめ。
ドライフルーツはいったん湯で戻してブランデーで煮なおしてます。


ケーキの中に入っているフルーツミンス。
赤はクランベリー。オレンジはアンズ。レモンで煮なおし。
黒いのは、レーズン、カレンツ、プルーン、アロニア、無花果、パイナップル、りんご、まだ何か入ってるかな。ずーっと漬けてるとこうなります。


減るとそれぞれ漬けてあったフルーツを足します。
下は、カレンツ。


足して混ぜて、使って、減ったらまた足して。
新たなフルーツは、ラム酒につけて寝かして


こんなケーキになります。

時間をおくほどに、たっぷり入ったフルーツミンスから、
美味しさがじわじわとケーキに伝わり、ケーキが熟成していく、というもの。
少なくとも焼いてから5日、できれば2週間は寝かせてその時を迎えて欲しい、というもの。


昨年は11月末からこのケーキをたくさん焼いてたくさん発送しました。
札幌市内には、あまり出ていかなかった。地方発送ばっかり。
夜中の中央郵便局に何度か走った。


2012年に、この焼き菓子屋を続けられず辞めてしまおうか、と思った時に
最後の材料で作り出したこのケーキを、
覚えていてくださったお客さまのご要望で、2014年に「同じの」を焼くことになり、
結果はまったく同じのにはならずところどころ改良をしたのだけど。
そのオーダーを焼きながら、
あちこち発送していたら、
追加オーダーをいただいたりして、とうとうクリスマス過ぎて年末までこのケーキを焼いていた。

そういえば、2012年のときは、
クリスマスに買ってくださったお客さまが「お年始にも」ってご注文くださったり、
なんだかんだと2月も3月もクリスマスケーキを焼いていて。それが2013年。

しばらく間があいて、2014年のクリスマス。

まだまだ気が早いけど今年もまたこれにしようかな、
いや、違うの考えようかな、

なんてことをフルーツミンス漬けこみながら、思いながら、やっとこさアップした。
バレンタインに焼いたお菓子のアップもまだ完了していない。

ブログ書くのはは結構たいへん。でも書かないと。ね。




JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

正統派「苺ショートケーキ」


白い苺ちゃんのケーキの
クリスマスバージョン、雪の結晶のせ。オーダー品。


今年のクリスマス、
「クリスマスケーキやります!!」って宣伝活動、
いっさいしなかったにもかかわらず、
わたしの製造キャパに
十分すぎプラスアルファなオーダーをいただいた。

「これくらいはやりなさいよ!」って
まるでケーキの神さまに与えられた試練のような
頑張り数量と
頑張り種類。

クリスマス、ケーキ選び放題なのに、
わざわざコットンチューリップを指定して
ご注文してくださるお客様、ケーキの神さまは、
誰でもなく、お客様に違いない。

わたしは、誠実に応えていくだけ。



白い苺ちゃんは人気者。

嘘んこのない、教科書通りのスポンジを焼く
子供たちのお誕生日に作ってたと同じように
丁寧に焼く。


卵色。

焼き上がりは底を上にして冷ます。


上と底をスライスカットする。
そして、高さを半分にスライスする。

緊張の時。


やっぱり卵色。
卵力(たまごりょく?訓読み音読み。今作ったわたしの造語でご容赦願い)
沈まないお布団みたいな弾力が頼もしい。



苺。
にこにこ苺。
切り口断面に苺がいっぱいだと、わぁ〜っ!って
くちもとほころぶ、笑顔になるストロベリーレッドの魔力。



シンプルに。


こっちのは、
12月22日にチョコレートケーキを買ってくださったお客様が
24日にリピしてくださった。
息子さんがクリスマス当日を待たず、一人で全部食べてしまったそう(^◇^)
「クリスマスケーキ、まだ焼いてもらえますか?」
「追加であとふたつ」

あとふたつの内訳は、
チョコレートケーキと
この白い苺ちゃん。
納期は12月28日。

24日のお電話で翌25日とか言われなくてあ〜よかった。
 スポンジは、焼いてから一晩寝かせる必要あり。
 今日のオーダーで明日午前引き取りは
 この時期、きつい、ためらいがちに「いつですか?」と聞いてしまった。



これが、たぶん今年のホールケーキ焼き納め。


苺ショート「白い苺ちゃん」
 18センチホール 3500円
 苺が無い時期は「苺ちゃん」はできません。



JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 00:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

バタークリームのクリスマスケーキ「雪の朝」


バタークリームのケーキを、
どうしても作りたくて、
作りました。


一昨日まで、ほとんど積雪がなかった札幌。
こんな雪がない冬なららくだわ〜、でも絶対降るんだよな〜
って覚悟してたらやっぱり降ったわ。

雪、やまずに、クリスマス連休のにちげつの二日間で
札幌を
真冬の景色に塗り替えた。

冬木立ちも、工事現場も、
風で飛んできたコンビニのゴミも
雪が、みんな無いことにしてくれて、
真っ白。

朝、起きたら外は真っ白。

そんなイメージの
バタークリームとホワイトチョコレートコポーの
ケーキ。




天板1枚のビスキュイで
大きいのと小さいの、ふたつ作って、
大きいのは姪っ子宅へプレゼント。小さいのはうち用。



冬のケーキ。

夏は無理だな、バターの扱いが大変そうだ。



昔懐かしい、バタークリームのケーキ。
スポンジも重い。
こんなんだった、子供の頃のクリスマスケーキって。
お花はピンクの薔薇の花に、銀ピカのアラザンが乗っていて
 あれ、仁丹だと思ってたな、
サンタさんは、砂糖菓子で、兄弟で取り合いになったり。
懐かしいなあ、
バタークリームのクリスマスケーキ。



JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 21:45 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

Gâteau au chocolat de Noël


コットン長男のバースデーケーキ。
コットンお嫁さんの花ちゃんのオーダー。

バースデーケーキで、網走に発送できるもの。という注釈つき。

どんなケーキにしようかと考え悩んだ末、
ガトーショコラ。

ガトーショコラも、白か黒か、考え悩んだ末、
ふつうに黒。
あんまり甘くないチョコレートのクラシックショコラ。

クラシックショコラをデコレーションって、
しないよね、見たことないでしょ?
あっても、粉糖ふりかけーの、とか、ココアふりかけーのとか、
金箔ちらしーの、とか
チョコレートコポー(チョコの削り節みたいなの)かざりーの、とか?


じゃなくてさ、


せっかくばーすでーだから、なんかちょっと違う感じのけーきにしたいぞ

って思うわけよ。

せっかく12月のバースデーだものね、

ブルーベリーとマーブルにしたホワイトチョコで
雪の結晶を作りましたわ(^◇^)

クランベリーとブルーベリーを煮た赤い実も乗せてね、
うちのお嫁さん、花ちゃんのイメージだよ。可愛いの。



クリスマスも兼ねちゃえ、ってそれで
タイトルが
ガトーショコラ・ド・ノエル
となりましたとさ。バースデーケーキは
クリスマスケーキ。

15センチ 3500円

北海道内冬は常温発送
到着後は冷蔵庫保存で1週間。



食べる前に常温(あたたかいお部屋の気温)に馴染ませて、
つめたーいガトーショコラは美味しくない、とわたしは思うから。
ホールケーキの中心部はレア(焼き足りない感じで)、
全体としては口の中でほろっと崩れ溶ける感じ。

ホイップクリームを添えるならば、
ゆるめに立てたクリームは甘くないのをたっぷり。
ソースはベリー系で甘酸っぱいのが良いけど
苺じゃないんだな〜、
ラズベリー(=フランボワーズ)とかブルーベリーとか
キイチゴ、こけもも・・・木の実の類ね。
そんなのが、好き。
ってな〆は私が好きなガトーショコラの話でした(*^_^*)




JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 02:26 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

'12コットンチューリップクリスマス2


きのうかな、もう一昨日かな、

4台焼いて、2台が買ってもらえるの待ってますよー、って

アップしましたところ(^_^.)

きのうの夜、1台、お嫁入りしました(^◇^)


ありがとうございます。
ご予約いただいたパンを引き取りに、工房に来てくださって、

このクリスマスケーキと、
マドレーヌも買って行ってくださいました。

夜の工房に、
たーっくさんの笑いを置いていってくださった彼女は、
とーってもキュート。
きのうの夜、一日の〆に、最高の笑顔をくださって、

なんだか、この仕事、っていいんじゃない?って
ケーキ屋をがんばる力をまたひとつ、
いただいた夜でした。



フルーツがずどんと入ったクリスマスケーキ。

もう1月もまんなかで、いつまでもクリスマスなんて言ってんじゃないよ、

っても思ったり?
いやいや、このケーキlは、オールシーズン、
「'12コットンチューリップクリスマスケーキ」という名前でいこう!
って思ったり。


・・・・たぶん、このまま行く。
通年、だって、美味しいんだ、これがまた。


あと1台。食べごろでお待ちしてます。

JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 00:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ