ザ・長いも


わが娘、Cottonお嬢は、長いも好きな娘です。
シンプルに、「とろろ丼」
ちょいと贅沢に、「ネバネバなものを一杯のせたネバネバ丼」。
千切りにして、他の食材との和え物。

それをなぜにわざわざお菓子に使うのか?!
と、言われそうだけど、

いいじゃないの、
だって、やってみたいんだもの。

お好み焼きにすり下ろして入れると
ふわふわに焼けるっていうじゃないですか、
和菓子だって、山芋系、いたるところで使ってるじゃないですか、

そうこう調べ物をしていたら、
かの帯広六花亭が、「膨張剤を使わないでシフォンを焼きたい」と
十勝の長いもでシフォンケーキを商品化してしまった。。。。

青森のお菓子屋さんは、
青森産の長いもで、もっちりチーズケーキを商品化してしまった。。。

なぁぁぁんだぁ、やっぱり考えることは同じなのねえ、
それに、青森と、十勝、
長いもの生産においてワンツーですもんねえ。

なんて、打ち砕かれても、

「それでもやってみないと気が済まない」
ってとこ、ないです?


で、
作ってました、長いもいろいろ。

地味に、発表もせず。。。。(^_^.)

一挙公開。



まず、長いもパウンドケーキ。


3日目位の常温の2センチ厚さにカット、が美味しいかな。
冷蔵庫から出したては、まるで、「マッシュポテト」の味で、残念感がいっぱい。
「冷蔵庫に入れると不味い」なんて・・・・(>_<)
要改良。



長いもチーズケーキ。

普通に美味しいんだけど、
チーズケーキと呼ぶには、チーズが少ないんじゃないの?とCottonお嬢の指摘。
そうなのよねえ、
長いも主役でいくか、チーズ主役でいくか、で悩んだ末、
あいだをとっちゃったから。
これは、「ちゃんと主役を決めること」。
それと、もっちりむっちり系過ぎ。
膨張剤の役目は果たして無いね、まるで。。。。。要改良。


原点に戻ろじゃないの、と、いうわけで、

かるかん。和菓子です。

この「かるかんまんじゅう」だけ
レシピを楽天に載せました。(あとのは、まだ、ちょっと、です)
やっぱり、ここに行きつくか、って感じです。
あんこ、わざわざ作ってるヒマなかったんで、
羊羹をすりつぶしました(>_<)なんちゃって練りあんです(^_^.)


かるかんまんじゅう【楽天レシピ】
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1970001921/



和菓子を個包装する、和風の紙、って
札幌のパッケージ屋に売ってなかった・・・・
「ほんとに業務用で3000枚単位になりますよ」だって。
なので無地というか、透明な正方形1000枚で妥協した。
パッケージショップの帰りに「千秋庵」でお饅頭の包み方だけ、見てきて
まねっこしてみたが。。。シールが可愛過ぎか。
JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * いも * 20:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ