だいず粉で作ったソイジョイもどき「クランベリー入りだいずバー」


ドラッグストアのお菓子売り場なんかで、
いろんな種類売ってるよね、
シリアルバー。1本80円くらいから、160円くらいまで。いろいろ。

代表格は、やっぱり「ダイズですから!」の
ソイジョイでしょうか。

なんとなくお買い物の最後にレジカゴに入れやすくて
ついつい買っちゃったり、しません?
わたし?
買っちゃいます。


作れたらいいなあ、って
大豆の粉、買ってあって、でもなかなか作る機会がなかったんだけど、
やっと作りました。

北海道産のだいず粉。
富良野、長沼の大豆を使って、

札幌の、中村食品さんが、製品化しています。

カロリー表示。熱量434kcal。
カロリー自体は、小麦粉と大差ないんですね。むしろ多いくらい。
脂質が23%。ここですね。小麦粉は1〜2%。
これで、カロリーの差が出てるんじゃない?

あとは、そう、たんぱく質。
小麦粉や、米は、少ない。

このダイズ粉、36.8%。多い!

だって、


「ダイズですから〜〜〜」


まあ、そんなこんなで、
ダイズ粉だからって、太らないわけじゃないです。
食べ過ぎれば、もちろん、太る。

わすれちゃいけません(^_^.)


その他の材料。
アーモンドプードル。

バター。

これは、帯広のよつ葉乳業のバターで、
販売は、CGCグループ。セールで230円くらい。

あと、
お砂糖と、卵と、アーモンドエッセンス。
それに、
自家製クランベリーのブランデー漬け。

分量は、ダイズ粉の裏に書いてあったのを参考にアレンジ。
ダイズ粉80g
アーモンドプードル10グラム
砂糖  30グラム
バター 30グラム
全卵  1個
アーモンドエッセンス 3振りくらい
クランベリー 大さじ3くらい


スタンダードな、パウンドケーキ型に
クッキングシート敷いて、種を伸ばして
170℃で30分。


そう!
これ、
「材料を混ぜて、パウンド型に薄く伸ばして、焼いて、切る、だけ。」
って、この一節。
これ、
シリアルバーを作りましょう的な、レシピ本に書いてあって、

こないだ、本屋さんでぐるぐるしてるとき、うっかり見ちゃったのね、
「なぁんだ、そうか、パウンド型で焼いて切るのか!!」

妙に納得して、
それが
「よし!作るド!」ってきっかけになった。
立ち読み、様さまです。

上の分量で、ちょうど、こうだもの。ぴったんこ!

簡単だわ。
もっといろんな味の、ソイバー、作りたくなった、
ね?作りたくなったでしょ?


ラップかアルミ箔に、1個包んで、
バックに入れて、
お弁当のあと、とか、帰宅途中の車の中とか、
ちょっとオナカに、なんか入れたい、ってとき、重宝だと、
思わない?




JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 13:59 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

手作り「豆腐かぼちゃアイス」と浦臼つるぬまの「豆腐アイス栗」




花ロードえにわで食べた「えびすかぼちゃソフトクリーム」が
いまひとつ想像してたカボチャソフトではなかったので、

かぼちゃも買ってきたことだし、

美味しいお豆腐もあることだし、

カボチャ豆腐アイスなるものを作ってみました。



が、
なんか違う。

ってか、わたし、

豆腐アイスってあんまり好きじゃなかったみたい(>_<)


豆腐は豆腐さ。
へんな混ぜもんをしちゃイカン、ということか。



春に、浦臼町の道の駅「つるぬま」で買った豆腐アイス。

270円だったか280円だったか。いろんな味ありの、これは栗。

いつもつるぬまでは、豆乳ソフトクリームを食べる。毎年。
とっても美味しくって大好き。
でも、いつも豆乳ソフトだからって、この時、わたしだけ
この豆腐アイスにしたの。

このときも、え〜〜〜豆乳ソフトにすればよかった、って
後悔したのね。

そんなこと、忘れてました。
忘れてて、「ヘルシーな・・・」の文句に惹かれて
豆腐アイスを作ってしまった。



きっと豆腐アイスがまずいんじゃなくて、

わたし、

豆腐アイスが好きじゃないんだと思う。

おバカでしょう?


豆腐にもごめんなさい、です。
この豆腐、今金町の鶴の子大豆のお豆腐で
香味野菜に和風ドレッシングでいただくと、ほんとに美味しいの。
もったいないことしてしまいました。



豆腐アイスは、
木綿豆腐・カボチャ・お砂糖・生クリーム
シナモン・ナツメグ・ラム酒を
ミキサーにかけて、なんどかかき混ぜながら凍らせて
って作ってます。

美味しいカボチャアイスは、
もしかしたら、270円では作れないのかもしれません。
カボチャはもとより、美味しい牛乳が生産地で手に入らないと
コストを抑えることはできなさそうです。


悔しいなあ・・
美味しいカボチャアイスが食べたいなあ。


JUGEMテーマ:北海道な日々


コットンチューリップ:小林純子 * * 09:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

北海道産 あずきで「ぜんざい作りました」

あずき、もらいました。
どこの豆で、いつのものかわかんない、って言ってたので、どんなふうに煮えるかな?
って不安だったんだけど。
きれいなアズキ色。
つやつやしてて、わりと大き目の粒も揃ってるし綺麗な豆です。

皮も柔らかく、えぐみもなく、美味しく炊き上がったので、
まずは、ぜんざい、にしました。

おもち、ちょっと目を離したすきに焦げちゃって、そこんとこだけ残念。
あっつ熱で、上あご、やけどしそうです。



あずきは、ふつうの豆と違って芽で給水するんだとか。
だから、他の豆を煮るときみたいに一晩水につけて、ということはしなくていいらしい。

そのかわり、茹でこぼす。
沸騰させてざるにあけて、それを2回くらい繰り返すとアクも抜ける。

あとは、たっぷりのお水で煮る。

わたしはもちろん圧力鍋。

お砂糖、ようす見ながら入れていくんだけど、けっこう大目に入っちゃうから驚く。
「え〜〜〜?こんなにぃ?」って。
基本は豆と同量。でも煮汁が多かったらやっぱりお砂糖の量も増える、

そして、しめにお塩を一つまみ。
これで、きゅっとしまって甘みも強く感じられる。



お正月まで冷凍しときたいけど、味見したり、みんなでぜんざいおかわりしたり、
なんだかあっと言うまになくなりそうだ。



あずきは、
全国シェアの8割以上を北海道が占める。
十勝地方や、倶知安。
ほんとうは寒いの嫌いな作物だそうだけど、北海道は梅雨がないし、
広い耕地面積を確保できるから輪作できるし、いいみたい。
ただ、
収穫量は不安定で。だから、
「アズキ相場には手を出すな」なんて話、聞いたりしない?


効酸化作用のあるアントシアニンや、咳止めになるサポニンを含む
美容と健康によい食べ物です。






JUGEMテーマ:北海道な日々


コットンチューリップ:小林純子 * * 09:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ