サビないキレイを応援する「アロニア」のこと


毎度おなじみ、
アロニアのペーストを入れた赤紫色の生地と
レモン味の白い生地をマーブル状にして焼いた
薔薇のお花のフィナンシェ、
「ジューシーローズ」ですが、

今日は、ちょっとそのアロニアの下処理の部分を書きます。
ま、わたしの覚え書き、みたいなもんです。


あんまり関係ないなあ、って思ったら
スルーして写真のあるあたりだけ見ていただいてもいいです。
一番下に、
アロニアの製品を販売してるサイトのアドレス、書いておきますから(^^)v



アロニア、って聞き慣れないと思うけど、
これは、樹木とその木になる果実の名前です。
 アロニアの木、アロニアの果実、みたいな、ね。

北アメリカ原産で、ヨーロッパ、ロシアを経て北海道に入ってきた。
チョークベリーって英名を持っています。
赤よりも黒に近い色、
 ブルーベリーよりも黒に近い紫いろの実です。
赤紫色は、
アントシアニン色素の色。その色が濃い、ということは、
アントシアニンがいっぱい、
って単純に考えると、そういうこと、みたいです。


わたしは、そのアロニアの果実のペーストを使って
フィナンシェを焼いているわけだけど、
ペーストを作る、というか、
アロニアの果実を、まあまあ食べられる状態にもっていく、
これがちょっと
至難のワザです。

アロニア、ってそのままだと、
ゲっていうほど
「渋い!!」んです。
アロニアは、まず
この渋抜きをする作業から始まります。

↓のように書いちゃうとあっという間の画像2枚だけれど、
 実際は、2週間くらいかかります。


まず、焼酎をふりかけて一晩おいてから
砂糖漬けにします。5〜7日間くらいかけて徐々に糖度をあげていきます。

アロニアの渋いのが外に出て、果実の中に甘い味が浸透したら、
次は干します。

これで、使えるようになりますし、このまま食べることもできます。
 ちょっと渋いです。
それから、フードプロセッサでペースト状にして、ペースト。
アロニアから出てきたジュースとペクチンを足して煮詰めたら、
アロニアジャムになります。

で、ペーストを生地に混ぜて焼くと、
紫というか、「黒」になってしまうので、
白い生地とマーブルにして、こんな感じになります。↓↓↓

わたしは、
手作り焼き菓子のお店をやろうとしてる人なので、
こうやって、手間隙かけて、ケーキの材料を仕込みますが、

その部分をはしょることは、いとも簡単なことで、
それぞれの段階に応じて、すでに製品になって売っています。
ジャン!(^_^.)
 製品は、ほんとに色々あります。

【販売先】
☆株式会社ネクス アロニア通販サイト
 http://aronia-co.jp/category04/

☆千歳森林組合
 http://www.chitoseshi-fu.or.jp/

あとは、季節になると、北海道滝川市周辺、千歳市・苫小牧市周辺の道の駅でも販売してます。

機会があったら、ぜひ使ってみてほしいと思います。

アントシアニンが多いは、イコール、抗酸化作用が大きい、
それは、たぶん、シワとかたるみとかの老化対策に良いのではないか、
と、
思ってみたりするわけです。

JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 04:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

本日のおみや「ジューシーローズと黒千石ケーキ」


定番ジューシーローズと
新作「黒千石のケーキ」。

ジューシーローズは、
 アロニアペーストを練り込んで紫色にした生地と
 レモン味のプレーンなフィナンシェ生地をマーブルにして焼いた
 いつものオリジナル、
 かと思いきや(^◇^)

 本日は、ほら、あの緑の卵、卵白が強いあの卵を使った
 いつもとはちょっと違うジューシーローズ。

 さらにオリジナル性が高まったか???(^−^)


黒千石のケーキは、
 修行させていただいている、さいたま市大宮のミクリヤケーキで、
 去年の講習の最終回、もう、今日札幌に帰ります、という日に
 教えていただいた。

 北海道の黒豆だから、
 北海道で、あなたが焼きなさい、と言って教えてくださったケーキ。

 御厨先生が、焼かないとしたら、
 たぶん、いや絶対、このケーキを焼く人は、
 世界中でわたしだけ、だろう。

そんな説明をする間もなく、
あちこち試食に配っていたら、
ロングで焼いた3本がなくなって、先生に送る分も気が付いたらなくなっていた。

ああ、また焼かないと。




不思議な果実「アロニア」、

幻の黒豆「黒千石」

白身にこだわる緑の殻の「米里の緑の有精卵」


ちょっと遠く、岡山のともだちのお母さんとお姑さんが作ってくれた
完全無農薬「レモン」と「オレンジ」


すてきな素材に囲まれて、
わたしは、幸せにケーキを焼いています。


しばらくぶりで会うともだちに、報告かたがたお土産は
「ジューシーローズと黒千石」。

つもる話がいっぱいだ。



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 00:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

アロニアペースト入りフィナンシェ「ジューシーローズ」


レシピ開発中の薔薇の形の焼き菓子「ジューシーローズ」

アロニアの赤紫色が、なかなかキレイに出ない。

それは、フィナンシェという生地に、アーモンドプードルが入るからだったり、
焦がしバターが入るからかもしれない。

だから、
たとえば、白いクリームチーズや、
白いヨーグルトに混ぜた時みたいに、キレイな紫ピンクにならないのだ、
と思う。

が、しかし、これは、まあまあ良くできてる方、ではない?
去年の12月の真ん中あたりに作ったんだけど、
なかなかこんなキレイに焼けることも珍しい。

ちょっとしたプレゼントに最適。

特に、アンチエイジングを気にする、
わたしたちくらいの女性には、一口サイズだし、いいと思うんだけど。


ジューシーローズの名前は、
友達がやってるエステサロンの名前をもらった。
そのサロンは、
お部屋中がバラで埋め尽くされていて、
カップやソーサーはもちろん、ボールペンの頭までバラのお花で
ほんとに乙女ちっく。

中島公園という場所にあり、
隣にZepというライブハウスを控え、

そんな中で、

顎の肉をつかまれ、上に下にこねあげて揉み混んで、ってのを
やってもらうと、
翌日には、
フェイスラインがしゃきっとすっきりして、
意外なことに、目が、でっかくなったように見えるし。


何分だかの使用で、腹筋を100回やったと同じ効果があるという、
電流で、おなかの筋肉をつかむ機械を使ってみれば、
しっかりマイナス1キロの効果を得たりするだった。


ま、まともなエステチックサロンなので、安くはないけどね〜




何もやってないよ、って言い続けていたわたしの
顔と体だけど、
よく思い返してみれば、
こうやって、忘れたころに、ここでメンテしてもらってたんだ、ってこと、

今朝、鏡を見ながら思い出していたのだった。

ありがと、ジューシーローズ。



JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 16:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

アロニア・マルメロ入り自家製ミンス


フルーツミンス・・・

「ミンス」とは、
  一般に、挽肉のことを指す言葉です。その他に、「細かく挽いた、砕いた」
  という意味があるそうです。
 
  ドライフルーツや果物を刻んで、洋酒に漬けこんだものを、
  お菓子を作るわたしたちは、「フルーツミンス」と呼んでいます。


 フルーツケーキのようにドライフルーツのミンスミートがたっぷり入っていて
 表面をグラスアイシングでコーティングしておけば
 1年は持つ、といわれています。
 実際に結婚1年のお祝いに食べる為に結婚式の時に作るケーキがあります。

 ここまでしないとしても、
 フルーツミンスのケーキは、焼いてから1週間以上は熟成させ、
 その贅沢な味を舌に覚えさせて欲しい、と思います。
 舌がその味を覚えたら、きっと他のいろいろな
 この手のパウンドケーキを食べた時に、違いがわかって、
 そりゃもう、
 楽しいったらない、と思います。


と、前振りが長くなりましたが、
上の写真が、うちのミンスです。
赤紫色してるのが、特徴、だと自分では思っています。

赤紫になるような材料だから、ですよね。

左上の、茶色の袋が、まあよくあるミックスフルーツで、
レーズンベースに、パイナップルや、クランベリーやなんだかんだが入って
洋酒に漬けたものです。

その右隣の赤いのは、ドライ苺です。
そのまた右隣にきて、刻んだドライアロニアです。赤紫よりも黒褐色に見えます。
その下の白っぽいのは、ローストリンゴ。
スライスしたりんごにお砂糖とラム酒を振りかけてオーブンで乾かしてから干したものです。
その左隣、一番手前の、鮮やかオレンジ色のがマルメロです。
マルメロをスライスして、お砂糖のシロップで煮ると、
こんな赤橙色になります。で、シャリシャリした食感です。
その他に、レモンの皮とか、柚子の皮とか、冷蔵庫に半端に残ってる
ドライフルーツや試しに買ったドライフルーツもみんな刻んで、

リンゴジュースで煮て、


できあがるのが、
うちのフルーツミンスです。

これを使って、クリスマス用のチョコレートケーキを焼きます。

美味しくないわけがない、と思いません?



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 16:45 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

アロニアの砂糖漬け2


アロニアの砂糖漬け。
このあと、数日干して、
「アロニア砂糖漬けレーズン風」にします。(*^。^*)

さらにその後1日ラム酒に漬けたもので(手間、かかってる?
 やってみたら、それほど大変じゃないから大丈夫)
先日、「アロニアタルトのキャラメルがけ」を作りました。
噛むと、口の中に、若干の渋みと、
赤ワインを何倍にも濃縮したような
まるで、これぞポリフェノール!だぞ、って味が
ほっぺの内側に張り付いて結構快感だったりします。

若干の渋み。。。
今回の砂糖漬けレーズン風は、若干の渋みです。
それよりも、
甘いジュース分のほうが前面に出ています。

粒々を7〜8粒、
口の中に放り込んでも、美味しくいただけます。


前回作ったときは、
砂糖漬けにして、干して、という同じ作業工程なのに、
「渋!(>_<)」「ゲ!(>_<)」「なにこれ(>_<)」
と、悲しくも不評だった。
それを、
お菓子に混ぜ込むと、その渋みが感じられず、
「不思議だね〜」って、誰もが言った。

それはそれで、良かったのだけど、

今回みたいに、渋み対甘みが、1対9くらいの割合で仕上がってしまうと、
「ぉわ♪、これって♪、美味しいんじゃないの?♪」
面白くてやめられなくなります。

毎日、味見して、
それはカラダに悪いはずもなく、
このアロニアの、抗酸化作用、アンチエイジング効果が
いつ現れてくれるのか、と、
これもまた、楽しみでやめられないのです。



前回は同僚が、道の駅で買ってきてくれた「アロニア」についてきた
「砂糖漬けの作り方」のちっちゃいレシピ紙を見ながら
作ったけれど、

今回は、
そのアロニアの販売元の社長さんにお会いして、
作り方を教わってきた。  (株式会社ネクスさんアドレス後述)
作り方に、大差はないけれど、細かいところで、実際に開発された方の話は
説得力がある。
ざっくり、お披露目しましょ。

材料は、アロニア・焼酎・アロニア果実の60%の重さのグラニュー糖。

洗ったアロニアの果実の重さを量る。
全体量を計り、別に平均的な大きさの10粒の重さも量っておく。
   (1個平均の重さを記録しておく)
焼酎を霧吹きで拭きかけ、1日おく。
約1週間かけて、砂糖を足しながら、
上下返しながらまんべんなく、砂糖漬けにしていく。
  初日 10%の砂糖、
  中1日でまた10%の砂糖、
  なか2日で20%の砂糖
  なか2日で20%の砂糖、
みたいな感じ。これで材料の60%の砂糖が使われましたよね?
で、また、2日くらいほっとく。
アロニアの果実の中に糖分が沁みこんで。
ぷくぷくに太って、紫色のジュースに浸った状態。

ジュースを切って(ジュースは捨てないで、あとでいろいろ利用)
今度は、干す。アロニアを乗せたざるの下に新聞紙を厚めに敷いて、
そうしないと、染み出た紫果汁で、あちこち床とか、赤黒く染まってしまいます。
(手・指も、すぐに黒く染まります。
  黒ってところが見た目きたないので要注意です)

干すのは、天日じゃなくても良い。
部屋干しでも、陰干しでも。とにかくジャブジャブじゃなくて。
カビさせないように、
風通しよくしてあげて、時々上下、返して。

時々、味見して。

で、最初の重さの50%くらいになったら出来上がり。
なんだけど、50%まで干してしまうと、干し過ぎかもしれない。
前回、50%まで干したので、下のリンクで見てもらうとわかるけど、
カッチンカッチンになってる。
そこまで、干さなくてもいいと思う。
どうせ、冷蔵庫保存、するでしょう?
ヨーグルトに混ぜたり、お菓子のトッピングに使うならあまり
カチンカチンに干さない方が使いやすいし
ラム酒、またはブランデー、赤ワインなどなど
お酒に漬けるんだったら、しっかり干してお酒に漬けて常温保存ってのも有り。

だいたい市販されてるブドウのレーズンの固さ、いろいろあるけど、
あんなイメージで考えていいとおもいます。

さあ、始めるぞ!の画像↓


【追記】
焼酎は、たぶんホワイトリカー35度で良いと思う。
砂糖は、「グラニュー糖が良い」とのこと。
で、グラニュー糖、札幌で市販されてるグラニュー糖は、
特に気にしなきゃだいたいが「てん菜(ビート)」原料。
 サトウキビ等の原料糖を使ったグラニュー糖は、裏の原料表示をみないと
 あまり無いんじゃないか、と思う。
アロニアの砂糖漬けは、
同じ北海道生まれ、ということで、てん菜のグラニュー糖を使いました。


北海道・東北以外ではなかなか手に入らないと思うけど、
もしも、アロニア果実が手に入ったら、ぜひ作ってみてください。
通販でも、買えます。
 札幌の株式会社ネクスさんのサイト、千歳の千歳市森林組合さんのサイト
 にショッピングカートがあります。
 

前回の
「アロニアの砂糖漬け」2011.09.29 Thursday
http://blog.cottontulip.com/?eid=822201


アロニア提供:
株式会社ネクス様
http://www.nexworld.co.jp/cgi-bin/nex/siteup.cgi?category=4&page=2

JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 12:25 * comments(7) * trackbacks(0) * pookmark

アントシアニン色の薔薇、ジューシーローズ

開発中のお菓子。
どうだい、これ???

このお菓子の名前と、コンセプトは決まっている。
名前「ジューシーローズ」。
コンセプトは「錆びないキレイ、大人のおやつ」
 「錆びないキレイ」には、
 アロニアが持つアントシアニンの抗酸化作用に
  がんばってもらう。
 「大人のおやつ」は、そのアロニアの赤紫色。
赤紫色、キレイにでますか?
どうでしょうか。



軽めのカトルカールのプレーン生地と、
アロニアペーストを混ぜた、紫の生地でマーブル。
なんか違う?


もしかしたら卵黄が、色を悪くしてる?

それならば、

フィナンシェ生地なら卵白だし、ってんで
フィナンシェ生地にアロニアペースト。
今度はどう?

あら〜
紫よりも、黒に近い。
中は、紫色だけど、外側は、ちょっと、怖い色だ(>_<)



開発、継続、ってことで。



ところで、
葉っぱなんだけど、

この葉っぱは、「月桃」。
沖縄のゲットウの葉っぱです。
月桃の葉には、
防虫、防カビ、抗菌作用があるそうで、
おモチを包んで保存するとか、

ならば、ケーキを包んだっていいのでは?

うちにわんさか繁っている月桃の葉を添えてみました。

月桃の葉、
使い方としてどうなんでしょう?

ちなみに、月桃の葉を一緒に入れた4個入りパッケージと
葉っぱ無しの4個入りパッケージを作って
10日間常温保存してみた結果・・・・・・

その違い、
わたしには、確認できませんでした。

もっと置けば、違いが出たでしょうか?

こちらも、今後の継続課題。



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 01:33 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

アロニアのキャラメルタルト長方形型


これはねー(^_^.)
まだまだ発展途上の、実験ケーキ。

甘みを抑えた、サクサクのパート・シュクレ。
これはもう、わたしのタルトで完成形だと思うのだが、

中身ね、
一番下に、クレーム・ダマンド。。。ダマンド、ダマンド、
と唱えながら冷凍庫を探していたら、
秋に栗を煮たときに作った栗のペースト発見。
急遽、
一番下に敷き詰めたのは、混じりけなしの栗のペースト。無糖。
無糖ってとこが、かなり良いかも(*^。^*)
でも、コスト高。
商品化するならやっぱりここは、ダマンドでしょうね。


真ん中、
アロニアの砂糖漬け。粒丸ごと。敷き詰め。
粒を噛むと、ジュワって、
ちょい渋系の、甘い、なんていうのかな、
ポリフェノールだぜ!って味がはじける。

その上に、
パート・シュクレを、手でほぐしてそぼろにしたものをかけ、
カボチャの種をパラパラ飾り、

焼きあがってから、キャラメルがけ。
キャラメルは、
バターと、お砂糖と、生クリーム、煮詰めて保存してあって、
このままでもう、
ソフト生キャラメル。

素材だけ見てると
美味しくないわけないんだけど、

問題は、
食べづらい。。。。。。(^_^.)

それぞれが、サクサクもろもろ系で、
それぞれが、手をつなごうとしない(>_<)

みんなー、手をおつなぎ!
つなぎに・・・・・・アロニアジャム?かな?



もう1個、問題が。
長方形のタルト型。
丁寧にはずし、持つときもちょっと力を入れると、

折れる

お気をつけくださいませ。


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 02:19 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

アロニアとマルメロも漬けこんだ自家製フルーツミンスのケーキ


日曜の夜中に焼いたので
まだ4日目くらいなので、まだ味がこなれてない、というか
まだ未成熟。


マルメロの食感が、シャリッとして酸っぱくて、
アロニアを喰ってしまってるかもしれないが、
アロニアはアロニアで、
濃いワイン色の華やかで健康的な色のアクセントを作ってくれて、
この存在感は、はずせない。



今後、どう味が変化していくか、
もしくは、何か足すのがいいのか、引くのがいいのか、
掛けるか、割るか、
考えどころ、腕のみせどころである。



うちで漬けたアロニアは、ほとんど渋くない。
むしろ甘い美味しい「果実」になった。

毎日数粒味見をしてるけど、
これが、わたしの「美と健康」に良い影響を与えてくれるかどうかは、
いつか、のお楽しみ。



※マルメロは、ヨーグルトと特に相性が良い。
 なので、このケーキの、フルーツたちは、洋酒で漬けて、さらに
 ヨーグルト漬けになってます。

色的にも、味的にも、もっとごっそり入れた方が
ゴージャスで美しいような気がする。気持ちも贅沢感に浸れる。
が、当然コスト高になる。どう折り合いをつけるか。だな。。。



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 01:54 * comments(8) * trackbacks(0) * pookmark

オールアロニア(東ハト「オールレーズン」もどき)


見た目、こうでしょ?(^_^.)

東ハトのロングセラー「オールレーズン」を

「作れる?」って聞かれた、
好きなんだって、
今はいろんな味があるんだって、アップルとか、オサツとか、プルーンとか。


作れるかな?
作れそうだな?って
今日は朝からこの子にかかりっきり。

バターとか油脂系、少なくて、
あんまり甘くなくて、
サクサクはしてなくて、
パンだかパイだか、って感じの生地?だったはず?


オールレーズンだもん、
レーズンね、

レーズンなら、売るほどあるよ、ケーキ屋だもん、
でも、売るほどのレーズンの袋は、2キロ、
200グラムじゃないよ、2キロ。
2キロのレーズンの袋を開封する?

迷って、

レーズンじゃなくて、

アロニアにした。

我ながら、ナイスなセレクト!
「アロニア」。

食感も味も、
レーズンと大差ない。
(きっとこれって、
 カレンツや、フィグ、アプリコットでもいけるんじゃないかと思う)

でも、アロニアを使おうなんて人はいないだろうな。
わたしのモノにしちゃっていいかな、
粉や他の材料の分量も勝手に、適当に決めちゃったしね。




不思議な果実、アロニア。
前に、アロニアのタルトを作った時と同じ、

この、小さい「実」だけ食べると、こんなに小さいのに、
ゲってなるくらい渋い。

それが、お菓子になると、
ぜんぜん渋くない。
いや正確に言うと、渋さを感じずに、
むしろ美味しく食べられる。

忘れたころに、
歯にはさまっていたアロニアの皮が舌の上に落ちてきて
それを噛みしめると、

渋!!!!

ああ、アロニアだ、ってそこで存在感。

ほんとに不思議な果実。
栄養価が高くて、アンチエイジングによろしい果実、アロニア。


アロニアで、

オールレーズンもどきの「オールアロニア」ができました。

もどきじゃなくて、

別の名前、
つけてあげたい。なんかない?



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 01:11 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

不思議なアロニアタルト


前に紹介した「アロニア」を入れたタルト。

アロニアを買ってきてくれた同僚が、
「ねーさん、あのアロニアどうなった?」って頻繁に聞いてくる。

だからぁ、
渋抜きのためにレシピどおりに砂糖漬けにしてぇ
干して、
ドライのまま冷蔵保存してるけど、とにかく渋いわよ、

って言っても言っても、聞いてくる「どうなった?」って。

じゃあさ、
食べてみ、鳥も食わない渋さだから。

って、ドライアロニアを一粒。

「げっ、渋!!!!」
今にも吐き出しそうな顔になった、だから言ったじゃん。

次に、
試しに、ラム酒に漬けてみた、
たった2〜30粒でも、褐色のラム酒が、濃い赤紫になったよ、
凄いでしょ、アントシアニン。
で、一粒食べさせて、

「ダメじゃん、ぜんぜん渋いじゃん、なんだ?これ?」
不満そうだ。
だから言ったじゃん、どうやたって、渋いよ、って。

でも、ダメ押しのように、
「でさ、これ、作ってみたタルト。
 食べてみ♪」


「なんで?
 渋くない。なんでなんで、
 ってか美味しいし。
 なんで?」

でしょ、でしょう?
不思議でしょう?
タルトにしたら、渋くないの。

物足りないくらいに、渋みを感じない。

ただし、歯に挟まって、思い出しように口に残った一粒を
かみ締めたら、やっぱり渋かったそう。

不思議なアロニアタルト。


ここで、ひとつ。
「物足りない」

そう、ずっと、渋い渋いといい続けたアロニア。
渋くなきゃ、なんのことない、
ドライブルーベリーか、レーズンの入ったケーキと変わらない。

それじゃあつまらなくない?
もちょっと、
アロニア〜〜〜〜〜〜って、個性を残せないものか???

そういうタルト、そういうケーキ、
どうかしら。

アロニア栽培農家さん、もしこれを見てくれてたら、
研究材料に、アロニアください(^^)v(さりげなく、スポンサーお願い)


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 05:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ