web限定ショートムービー「うるおいは心にも届く」

web限定が良い。泣きそうになるのは、あっちゃんリアルだし。
学生時代独身時代、来てくれた母を疎ましく思った自分と重ねた。
娘のところに行ってあげられない自分を憐れんだ。泣きそうになる。
https://www.youtube.com/watch?v=vCT5_dnD5O4#t=21


JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 15:36 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

上映会のお誘い『地球交響曲第三番』


魂を語ることを怖るるなかれ

『地球交響曲第三番』
https://www.facebook.com/events/1497803823785812/?ref=22

2014年9月17日18:45
札幌エルプラザ
前売り:1000円
当日:1200円

ドキュメンタリー映画です。


JUGEMテーマ:映画


コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画「晴天の霹靂」



今日も暑かった。

涼みに映画館・・・と書くと「なんて贅沢な!」って叱られそうですが、

ずっと見たかった「晴天の霹靂」ロングラン上映でしたが、
本日が最終日というので
お小遣い的にきつい中、行ってきたのでした。

見たかったのに見れなかった、そんな映画がたくさんあります。
行けてよかった、
見て良かった、
それが、心の栄養になる、ってなもんです。


劇団ひとり作の「晴天の霹靂」
原作は読んでいません。

前作の「陰日向に咲く」は、読んだけど見なかった。
本、読んで、「ちゃんとした小説、書くんだぁ、しかも発想、面白い」
って思いましたね。


「晴天の霹靂」も、また。

書いて、出て、監督もして、
才能、ありますね。

大泉洋、コウちゃん、ミスチル書きおろし
うけないワケがないですね。完璧。

子供を産んで、
子供を育てる、ってたいへん。
やりたいことも、やりたい仕事も、自分の命も引き換えにしても、
子供を守る。
でも、それは決して迷惑ではない。
子供たちを育ててる時が、
どんなに髪の毛ふり乱してキーキーやってたとしても
その時期が人生で一番。
あなたは望まれて生まれてきたのだと、
気付いて欲しい。
子育てしていた時期は、子どものためだけに生きていたわけじゃないと
わかってほしい。


最終日に見れて良かった。

JUGEMテーマ:映画

コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 00:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画「思い出のマーニー」



ジブリの映画「思い出のマーニー」。

札幌駅発の特急「スーパーおおぞら」に乗って、
釧路湿原を通り、
その後ローカル線が釧路・根室あたりの
小さな駅に付く。
その駅にあるストーブとか、

あ、こんな感じ、

っていうのがところどころに感じられながら、

でも、

いくら夏休みと言え、
この雨、
湖の水に濡れた状態でいたらさすがに寒いわ、

と、札幌駅、スーパーおおぞらがリアルなだけに
ツッコミ入れたくなってしまう場面も有り。

お話は、

愛されたい、と思ったら、
許す。
自分を開放する。

そういうことかな、と。


夢を見てるような、
でも、実際に体験したんだろうな、みたいな
不思議な物語、
こういうの、確か高倉健主演の「鉄道員ぽっぽや」もこんな感じだったような。
って思いだしたら「幾寅」に行きたくなりましたね。
南富良野のロケ地・・・・遠かったけどけっこうあそこ、好き。
http://cottontulip.jugem.jp/?eid=821769

そんなことを想ったら、
今時期の釧路湿原、霧多布、尾岱沼、行きたいな〜


世間じゃ夏休み。
レディスデーも、おばあちゃんと孫娘みたいなお客さんが目につきました。

暑い札幌。
映画館で避暑。



JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 22:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画 「海猿 THE LAST MESSAGE」

秋分の日の祝日に加え、
レディスデーというのも手伝って、
JR札幌駅の「札幌シネマフロンティア」のチケット売り場は、
正月か、と思うほどの混みようでした。

並ぶ列、ぐるぐる巻きにの最後尾は、
ぐるぐる巻きからはみ出して、トイレの角を曲がってました。

もし、前売りを持ってて、指定席に引き換えるだけの人が
並んでたとしたら、気の毒な気がします。

今日中のお席が取れるんでしょうかね・・・



ってのんきなことを言ってるわたしは、
毎度のこと、
朝、ネットで購入済み。発券機で出せばいいだけで、

ここの発券機は、何台もあって、だいたい、
並ばずともすぐどれかを使える。
こうでもなきゃ、時間にゆとりのないわたしが
映画館に行くなんて、難しかったかも。


ネット+クレジット決済+発券機 ありがとうなのです。


カップアイスが登場しました。4種類各350円。
ソフトクリームより100円高いけど、持って中に入ること思えば、カップが安心。

黒ゴマ、すりつぶした感が口の中で感じられて
そんなに甘くないし、美味しいアイスでした。

海猿の衣装展示がありました。
ウェットスーツだけでも重そうですね〜



映画、
前のときも泣いたけど、
今回も大泣きしました。

加藤あいちゃん、可愛い。
ドラマから映画、ふたりとも大人になってく過程が
エンドロールで思い出されていいです。

コンピュータCGの3Dだから、
それほど3Dじゃない。
ところどころ、メガネはずしてて2Dでもだいじょうぶ。
たぶん2Dの映画館で見てもだいじょうぶ。



≪ざくっと感想≫
人の命は、
国家プロジェクトよりも重い、

ということを、
世界中の国の権力のある人たちが
どんな場面でも一番に考えてくれる世界であってほしい、

思いました。


吹石かずえちゃん、素敵な女優さんになって、
濱田岳くん、金八せんせいに出てたのに、すっかり大人になっちゃって、


面白かったです、
ってか、ぼろぼろ泣いて、化粧ぼろぼろで帰ってきました。



JUGEMテーマ:映画


コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画「「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」」

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
東宝
上野樹里・玉木宏


先日観た「アリス」でどうも消化不良を起こしてて、
同じくらい観たかった「のだめ」をきのう
観てきました。

札幌ファクトリーの「ユナイデットシネマ札幌」で
レディスデー1000円。



≪感想≫
上野樹里は、実際にピアノを弾いている、
と「とくダネ!」の独占インタビューで言ってました。

弾くシーンで、どこからでも撮れる、
頭の上から、鍵盤を映して、両手の動きとか、
リアルで、すごいと思いました。

のだめちゃん、千秋くん、峰くん、
成長して、
お互いのことを想う気持ちの揺れに
気持ちが引き込まれます。

おちゃらけるだけじゃなく。


オーケストラのクラシックを映画館で聴くだけでも
じゅうぶん良いかも。

良かったです。





「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
   公式サイト
JUGEMテーマ:映画


コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 10:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画『アリス・イン・ワンダーランド』

『アリス・イン・ワンダーランド』
ウォルトディニー
監督ティム・バートン
ジョニー・デップ

5月1日、
1日は映画1000円の日だし、
ゴールデンウィークの土曜日だし、
絶対混むよ!
と誰もが心配する、JR札幌駅「札幌シネマフロンティア」で
観てきました。

わたしは、初めての3D。
(3Dは、料金300円upの1300円です)



≪感想≫
楽しい映画です。
可能ならば、ぜひ3Dで観ることをオススメ。


特に感動するとか、
感激するとか、
大笑いするとか、
切なくて涙するとか、
涙が止まらないとか、
考えさせられるとか、

そういうの、まったく無く((+_+))
ただただ楽しめる映画です。


Cotton娘いわく、
「3Dはすごいけど、これならアバターの方が面白かった」

Cotton次男いわく、
「ティム・バートンと、ジョニー・デップでしょ、
 あの二人なら、そういう映画になるでしょ」

Cotton母(わたし、ね)
「ディズニーもとりあえず、3Dをやりたかんだんだねえ、
 赤の女王、サイコーだね、長女の気持ち、わかるわぁ」



ちなみに、
5月1日、札幌シネマフロンティアの入場者数、
1位はこのアリスだったらしく、コナン君をさしおいて、
もうひと月くらいは、人気続くんじゃないかと、
店長さんがラジオで語ってました。


1300円だから許せるけど、この映画に2100円は無いな。









アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルサイト






JUGEMテーマ:映画


コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 09:08 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画 「ゼロの焦点」

きのう、11月14日行ってきました。

マリーがエミーに
「これからは、女の子だってちゃんと学校に行って
こんなことしないで安心して生きていける時代になるのよ」

って、
この道はいつか来た道
を泣きながら歌ってるシーンが印象的でした。

3人の女優さんたち、3人とも素晴らしかった。

金沢の雪道を、パンプスで歩く姿に「女優さんなのに〜」
って、とっても冷たそうでした。
翌日から長靴はいてくれて良かったです。


今、
彼女たちが望んだ明るい未来になっているんだろうか。

とエンドロールを見ながら思いました。
コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 21:18 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

DVD 「駅 STATION」

TSUTAYAでレンタルしてきました。
今日はちょっとひと息、おうちでDVD鑑賞の日。


東宝映画(81年)
「駅 STATION」

高倉健
倍賞千恵子
いしだあゆみ
烏丸せつこ

脚本は 倉本聰

俳優さんは、倉元聰さんが好きそうな
大滝秀冶
ちょっと出で、武田鉄也

田中邦衛
宇崎竜堂
根津甚八

音楽 宇崎竜堂

と、すっごく懐かしい人たちが、
若い。


こないだじゅう、増毛(ましけ)に行ってきて
増毛のロケ地も見てきたばかりなので、
臨場感大あり。

30年前の映画と思えないほど面白かったです。



増毛駅、風待食堂、
夏の雄冬、冬の雄冬、冬の留萌、冬の銭函(ぜにばこ)、冬の札幌

劇中、

「来年は231号線が全線開通する
そうしたら、石狩から留萌、羽幌、稚内までつながって、
この雄冬にも、銭っコが落ちる」

という台詞がある


そうだ、わたしはその231号線を札幌、石狩、雄冬の滝の下を通り
増毛で酒蔵や小学校を見て、
羽幌を通り、稚内に行ってきたばかりだ。




健さん演じる三上刑事は雄冬の出身で
札幌の北海道警察捜査一課勤務。

犯人を追って増毛に来る。

札幌から深川 留萌本線に乗り換えて増毛終着。

実家は雄冬。
妹の結婚式やお正月には
増毛から、船で雄冬の実家に帰るのだ。

倍賞千恵子演じる桐子は
歌登(うたのぼり)が実家で、そこは、
「音威子府(おといねっぷ)のさきでしょう」だったり

古手川裕子演じる健さんの妹は、
北見枝幸に嫁ぐ。

烏丸せつこが兄ちゃんの根津甚八と逢う約束をするのは
上砂川の駅。


ああもう、すごく北海道だ。


映画の
増毛駅は、こんなまったりばかりしていない。
http://blog.cottontulip.com/?eid=792688







「北海道旅したくなるブログコンテスト」に参加してます。
北海道特産品の賞品狙ってます。何が当たるのかな?ワンポチしてくれると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

ありがとおはな




コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 16:17 * comments(0) * - * pookmark

映画『CHEチェ 28歳の革命 』

映画『CHEチェ 28歳の革命 』 公式サイト

きのう、見てきました。

チェは、キューバ革命を成功に導いた人、

娘が言うには、「中南米とか、あの辺の人たちは知らない人がいないくらいの偉人なんだって」
なんだって。

わたしは、それすらの予備知識もなく、見ました。

この時代でも、通用するだろう世界観、信念、思想に、

わたしは、どうとらえるべきか、

ちょっと心が揺れました。( 俗に言う、感動とかではない、心のゆさぶられ、かな。)
コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 09:12 * - * - * pookmark
このページの先頭へ