<< チャ子の赤ちゃん | main | 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休業 >>

茶子さんも、ご飯食べに来た。

茶虎姉妹。

 

 

こっちはトラコさん。

からだが小さ目。眉間の黒い毛に注目。

 

 

 

下のがチャコさん。

トラコさんより少しだけ身体が大きい。

眉間の黒い毛が微妙に「N」字になってる感じ。

 

チャコさんは、きのう、初めて産んだわが子を奪われた。

どれだけ切ない夜だったことだろう。

 

そんな夜に、

保護ネコ団体「ツキネコ北海道」の代表さんが

預かった子猫たちをインスタグラムでライブ配信してくれた。

 

もふもふポショポショの子猫たち、

4匹でじゃれ合い、毛づくろいもしていた。

 

「だいじょうぶ、ママも子猫も、すぐに忘れますから。

それは、

動物だから。心配ないから」

 

と、言っていた。

 

そして、

たくさんの「いいね」マーク、ハートマーク、コメントがいっぱいついていた。

 

 

里親さんが決まってくれますように。

祈っている。

そんなことしかできない自分が情けない。

非力だ。

 

 

 

 

バードテーブルにいるのは、

チャ子さんトラ子さんのママ、クルミさん。

ずっと牛柄ママと呼んでいたけど、

くるみちゃんに名前を決めた。

 

 

 

くるみちゃんにも、トラコちゃんにも、

チャコちゃんと同時期に出産した子猫がいるはず。

 

まだ寒いのとまだちっちゃすぎるのか、

どっかで隠して育ててるようで、

姿も声も確認できていない。

 

いるのは確か。

 

 

おばちゃんは、

心を鬼にして、保護をこころみる。

 

 

子猫たちは、里親さんに飼っていただけるよう、

飼いネコとしての猫生涯を生きる道を選びました。

 

わたしごときの人間が、

他の誰かの生き方を「選ぶ」だとか

「決める」だとか、

おこがましいと思うのですが、

 

 

大きい強いものが、小さい弱いものを守ってあげる

 

 

そんなふうに割り切ろうと

思います。

 

 

 

 

もふもふな仔猫たち、

人々にふわっとあたたかい笑顔を運んでくれる

家族の一員になあれ。

 

 

※ママくるみちゃん、チャコちゃん、トラコちゃん

今日は写っていないマリリン。

みんな女の子、不妊手術済み。

一度も人に飼われたことがない、野生の猫です。

 

それでも家族に迎えていただけるなら、捕獲試みます。

ご連絡ください。

 

 

------------------------------------------

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 08:45 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ