<< 水仙とチューリップ | main | 大麦の食パン >>

STAY HOMEな毎日だけど

早いけどお昼。遅いけど朝。

 

ポンッ!とアイコンが光って窓が立ち上がり、

久しぶりの友人から連絡がはいる。

 

「テレワークになりました。」という普通の事務の人もいれば、
「受電が増えて忙しいです」とコールセンターの人とか。
「今のところ変わりなくです」とか。

 

 

連絡をくれる、ってことは不安だ、

ということだろう。

 

 

「どうですか?」と聞かれるので

 

「コールセンターは休業補償でお休みです、

パンとお菓子のレッスンは通常通りやってます、遊びにいらっしゃいな」

 

と答えると安心するようで、さぐりの空気が消えるのがわかる。

 

 

 

不安な気持ちはみんな一緒。

 


そんな時に

元気な人・経済的にも精神的にも体力がある人は

 

「わたしにできること、何かしないと!!」

「こんなことやってみてね、元気になるよ」って

 

いろいろ企画してくれて、仕掛けてくるけど、

 

 


それが
結構プレッシャーになったりする。

 

そう、プレッシャーになったりするのだ。

 

 

 

想像してみよう。


誰もが

外に出られないことにストレスを感じて

何かしないと!

って思っているわけではない。

 


出たくないのに出なきゃいけない、

休めない人だっている

おうちに居てもやることいっぱい!

でも体力無い!休ませろや!

 

そんな人もいるのだ。

 

 


「おうちでできること何かしよう!」

 

 

に心折れる人もいる。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキのごはん以外 * 12:35 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ