<< チョココロネ | main | 【お菓子レッスン】キノコ型カップケーキとバタークリームのカップケーキ >>

チョココロネ2

昨日焼いたチョココロネ、

丸め直し

伸ばし直し

まき直したせいで
シワシワではありますが(*^。^*)

 

一日おいてとっても美味しい。

 

チョコカスタードは馴染み、
パンは落ち着いている。

 

材料たちそれぞれが自己主張するではなく、
チョココロネ、と名前のついた
ひとつのパンになった。

 

寝ると美味しい粉ものの不思議。

 

焼き立て神話に惑わされるな。

 

 

<解説のようなつけたし>

パン屋さんの店頭で声がする「焼き立てですよ〜!」


確かに焼き立てこそがおいしいのもある。


でもそれ、すべてではない。
いろんな顔のパンを思い浮かべてよーく考えてみると、
「あれ?あのパンって焼き立てだとどうなんだろう?」

 

たとえば「食パン」

本当に窯から出した焼き立て、熱っつっつのやつ。

とかね。


なんてこと考えると

 

パンはもっと楽しくなる。

 

そもそも日本人はご飯文化なので「炊き立て」の言葉に弱いのね。

 

粉モノはちょっと違う。

寝かす、その間に熟成する。

 

 

寝ている間に熟成するんだ。

 

それって、

人は、どうかな?
 

 

 

#コットンチューリップのパン  #札幌 #パン教室  #お菓子教室

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 09:11 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ