<< 「耳の日記念集会」に行ってきました | main | 豆パン >>

幸せって一瞬一瞬感じるもの、例えるなら道の草花だったり薔薇の花束だったり。

幸せって、一瞬一瞬感じるもので、

たとえ今が人生の中でダメな期間だとしても

幸せ感じる時はゼロなわけでは決して無くて。

 

その一瞬を束ねて大きな花束になるかもしれないし、

たった一輪の野に咲く草花でもほんわりと心に残る時もある。

 

幸せは一瞬一瞬感じるもの。

 

 

幸せな人生だったか否かは、

ずーっと時がたって

 

自分が抱えた花たちを愛おしく想えたら

 

きっとその人生は幸せだった。

 

 

幸せだったか幸せじゃなかったかは、時がたってわかるもの。

 

「たくさん失敗したけど、それでも幸せだったー」

って思えたら満点。

 

なんじゃないかなーと、思う。

 

60年近く生きて来て、

たくさん寄り道や回り道して、

まだあと40年も生きるのかーという状態にいるわたし。

 

 

 

やってみよう、行動してみよう、自分らしくわたしらしく働こう!

 

毎日SNSはそんな投稿をつきつけてくる。

 

 

30代40代で、自分らしさ、なんて決めんなよーって思う。

セミナーとか行って誰かの真似をしたって幸せにはなれないんじゃないかなーと思う。

 

何かをブレずにやり続けた結果、

「あなたらしいね」と言われるんじゃないのかな、と思う。

 

 

 

100年時代ですよ、

経済が仕事が健康がなんちゃらなんちゃらと

こちらもあおられてましたが、

 

そうそう簡単に100歳まで生きさせてくれない自然の仕組みなんじゃないのかな、

 

 

とマスク手洗いしながら思う朝。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキのごはん以外 * 09:47 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ