<< 12月30日のシュトーレン | main | 大晦日納品のシュトーレン >>

年末年始のクッキー

年末年始はコットンチューリップは一応、お休みです。

 

お休みですが、

今年は

12月28日、30日、31日、納品がありますし、

お正月ももしかしたら急なお客さまとかで

うちのお菓子が欲しい、ってお客さまが来ないとも限らない

 

そんな予期せぬ事態に備えて、いつもはしない在庫ってやつを

年末年始はしています。

 

用意しておけば、

わたし自身が、どこかへお年始に伺う時に

慌てないですみますしね。

 

予期せぬ事態を予測する、

それもまた継続による力なり。

言い換えると、年の功、ってことですか。

 

 

 

待機してるクッキーたちはこんな感じです。

 

シンプルな型抜きクッキー。

 

本当にシンプルなクッキーです。

小麦粉、バター、砂糖、卵、バニラオイル。

型で抜いて、スタンプで目鼻口。

イノシシに見えなくもないけど、豚くんです。

 

 

お客さま(といっても従姉妹ですけど)リクエストの

スノーボール。

 

冬しか焼かない。

いつもの年だとクリスマス前くらいから焼き始めますが

今年はクリスマス忙しくて、ぜんぜん焼けなかった。

クリスマスが終わってようやく焼きました。

 

粉糖、いっぱい買っておいて良かった。

粉糖いっぱい使います。外側にまぶしつけるので、

クッキー生地の中にはあまり入れません、っていう作り方です。

卵は入りません。

 

 

こちらは、わんちゃんも飼い主さんも食べられるおやつ。

全粒粉と米粉にお砂糖、オリーブオイル、ぬるま湯でこねて

低温で焼きます。

カリッカリの固いお煎餅みたいな感じです。

こちらも卵は入りません。

ロングセラー。

 

 

ロングセラーの上をいくロングセラー。

「塩クッキー」

コットンチューリップの入門編ともいえる。

10個20個ってまとめて買ってお友達に配ってくれるお客さまがいて、

 

なので、塩クッキーを見て

「これ、もらったことがある」っておっしゃるお客さまもいるという

 

ご縁をつないでくれるクッキー。

 

冷凍しておいて、凍ったまま冷たいクッキーも美味です。

 

 

絞り出しクッキーは今までもずっと焼いていたのだけど、

今回からジャムを絞ったのも作りました。

名前は

ハートが可愛い、

キラキラジェルクッキー苺と

 

紅茶の茶葉を生地に入れた

キラキラジェルクッキー紅茶りんご。

 

どれもこれも、

江別製粉の小麦粉、よつ葉のバター、ニッテンの小粒グラニュー糖、卵がベース。

北海道の畑や牧場でとれた原料を

北海道の工場で材料にしている。

そして、

それを使ってわたしがお菓子にする。理想的な展開。

 

 

必要量のバターの仕入ができなくなったら、

 

お菓子屋をやめる。

 

その覚悟で、

バターにこだわる。

おかしいかもしれないけど。

へんなこだわりかもしれないけど。

 

わたしが作るお菓子の原材料に

マーガリンだけは、

書きたくない。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
---------コットンチューリップお問合わせ先--------
電話・FAX:011-206-0618
メール:pironpi@yahoo.co.jp
fb:https://www.facebook.com/Junkocottontulip
住所・〒060-0031札幌市中央区北1条東11丁目15-51
----------------------------------------------------

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * クッキー * 08:42 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ