<< 干し柿3 | main | 葉っぱのフレディ、明日は今日より10℃寒いらしい >>

久々の子猫たん

 

しばらく子猫たちを見ないなー、

どうしたかなー、

移動したのかなー、

生きてるかなーと気になっていた。

 

そんな昨日、黒ちゃん1匹、いた。

「ひとりなの?」

返事、あるわけない。

 

今朝、ゴミ出しの時間にまた黒ちゃんひとり。

こんな朝からお出ましとは珍しいね、やはり

「ひとりなの?」

返事、あるわけない。

 

わたしの語尾上がりの問いかけ文に

「ニャーのニャーので、ニャーなのさー」と返事するのは

うちのサチコくらいなもんだ。

 

 

干し柿を、眺めに外に出た。

風がなくてもゆらゆらしているオレンジの球体を見るのは

心、元気になる。

 

フッて気配に見ると

あらま、2匹で居りました。

しかもじゃれあってるし(*^。^*)

 

 

何柄というのでしょう、素敵な縞柄。この柄はパパ譲り。

黒ちゃんはママ譲り。

 

パパもママも全体に柄、じゃなくて白い部分があったり、という柄なんだけど

この子たちは、からだ全体に柄モノ。

面白いねー。

 

雨降って雪降って、厳しい環境だけど、

とりあえず、いたんだね。

 

黒ちゃんがひとりぼっちじゃなくて良かった。

 

あと残り2~3の子猫もどっかに居るかな、居ないかな

気になる。

もっとずっと姿見てないパパにゃん、ママにゃんも気になる。

 

子猫が遊べてる、ってことはママにゃんは生きてる、と思うことにしよう。

 

 

野良には野良の生き方があるはず。

野良だから幸せでない、ってことではないはず。

 

 

地域猫、という考え方はこの地域にはない。

ただ野良猫がいるからといって、通報しなきゃとか

捕獲してもらわなきゃとか、

そんな狭っこい考え方をする人もいない、はず。

 

 

わたしにできることは見守ることだけ。

 

 

もしも、

ママにゃんが、死にそうな子にゃんを咥えて

うちの玄関に置いていったら、

そりゃその時は身銭切って病院に連れて行くよ

見殺しにするようなそんな夢見の悪いことはしない。

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
---------コットンチューリップお問合わせ先--------
電話・FAX:011-206-0618
メール:pironpi@yahoo.co.jp
fb:https://www.facebook.com/Junkocottontulip
住所・〒060-0031札幌市中央区北1条東11丁目15-51
----------------------------------------------------

 

*お問合せには以下の項目があると助かります。

1・件名*問い合わせ(注文、受講など)

2・内容(ご注文、参加、ご予約の内容とその日時)

3・お名前 漢字*

4・お名前 ふりがな*

5・メールアドレス*

6・お電話番号*

7・FAX番号

8・詳しい内容

 

★★ご注意事項★★

キャンセルについて

前日(0時から24時まで)のキャンセルには50%、当日(0時から)キャンセルは100%のキャンセル料が発生します。

日付と料金はお申込み確定時にお伝えしたものになります。

すみませんがご理解ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 09:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ