<< はじめての「干し柿作り」 | main | 猫のサチコ >>

干し柿2

まるで「秋〜田舎暮らし」といった風情。

 

 

きのう、

初めての干し柿作りで、

「部屋干ししている」と書いたら

 

『どおかなあ、干し柿は冷たい風に当てないとできない、って母が言っている』

 

とフェイスブックにコメントをいただいた。

 

 

風通しのよい涼しい日当たりの良いところで干さないといけないらしい。

 

 

もし室内で干すなら扇風機の風を当てるといいということが

検索したら載っていたので

夜中の寒い厨房で扇風機回してみた。

 

 

そして今朝、

とても良いお天気なので厨房の柿を

外に出した。

 

それがトップ画像。

 

 

 

額に枝がついていなくて

紐が結べない柿は、お魚を干す網に入れてぶらさげた。

 

 

一晩厨房で干されていた柿たち、

結構いい感じで回りの水分は乾いた感じでぶら下がっているが、

 

今日は外に出されてどおなんだろう。

 

 

渋柿だからなのか、

まだ気づいていないだけなのかわからないけど、

 

カラスによる被害は今のところまだ無い。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
---------コットンチューリップお問合わせ先--------
電話・FAX:011-206-0618
メール:pironpi@yahoo.co.jp
fb:https://www.facebook.com/Junkocottontulip
住所・〒060-0031札幌市中央区北1条東11丁目15-51
----------------------------------------------------

 

*お問合せには以下の項目があると助かります。

1・件名*問い合わせ(注文、受講など)

2・内容(ご注文、参加、ご予約の内容とその日時)

3・お名前 漢字*

4・お名前 ふりがな*

5・メールアドレス*

6・お電話番号*

7・FAX番号

8・詳しい内容

 

★★ご注意事項★★

キャンセルについて

前日(0時から24時まで)のキャンセルには50%、当日(0時から)キャンセルは100%のキャンセル料が発生します。

日付と料金はお申込み確定時にお伝えしたものになります。

すみませんがご理解ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コットンチューリップ:小林純子 * * 13:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ