<< 【報告】おうちパンLe72おうちパンマスター認定講座チーズパンとチョコスティックパン | main | 北海道フードマイスター、マーケティングミーティング >>

絵『6月の庭の花』

キャンバスに、

キットパス、という画材で花の絵を描きました。

 

キットパスは、水に溶けるクレヨンです。

水に溶けるので「クレヨン」の定義ではないのかもしれません。

 

水に溶けるので、

手についても、ちょっとくらいテーブルにはみ出しても

水で落とすことができる、

逆に、手形を取ったりボディペイントしたり

窓ガラスに描いたりと

用途はさまざま、いろんな表現に使うことができます。

 

クレヨン、というイメージから

割と単純化したイラストを描いたり

黒いボードでカフェメニューを描いたり

という使い方が多くみられますが、

 

今回の画材が白いキャンバスだったので、

真面目に静物画を描こうと

 

モデルに選んだのが、

うちの庭の花でした。

 

 

ぷっちゃんの遺影とお線香が横にあって、

レースの窓から柔らかい光と風が入ってきます。

 

カモミールと

オレガノケントビューティーの良くしなる茎が

時折揺れて優しい花束です。

香りもカモミールと、スペアミントで爽やかです。

 

 

真上から見ても可愛いんだけど、

どの花もみんな「私を見て!」って主張し過ぎのような気がします。

唯一謙虚なのは、

芍薬の蕾でしょうか。

この蕾、蕾がまだ固いうちに折れていたのを切ってきたので

たぶん、もう開くことは無いと思います。

かろうじて枯れないで蕾としての姿を保っている感じです。

 

 

下書きを2Bの鉛筆で、

あとはキットパス16色のみ。

水彩のように水でしゃばしゃばにして下塗り。

ときどきティッシュで水分を取ります。

混色もできるし、

直接グニグニ塗れば油彩っぽい表現もできます。

 

 

まあまあいい感じで仕上がったと思います。

 

キットパスの

パスフェス2019に出品します。

 

見かけたら、

純子さんの絵だー、って見てやってください。

 

 

 

さあ、これから中央郵便局に出しに行きます。

間に合うかな?

6月10日必着。翌々日に着く予定、きっと大丈夫。。。のはず。

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

コットンチューリップ:小林純子 * アート・絵・写真 * 09:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ