<< フキノトウ味噌 | main | コットン日和 >>

雑穀のパン「コーンスピッツ」と324円のスキレット

雑穀のパン「コーンスピッツ」

 

ドイツ語で雑穀を意味する「Korn」を使い

手ごね、少量なのでオーブントースターで焼いたねじりスティックパンです。

 

試食も、とっても好印象。

ザクザク固いのかと思いきや、

意外にふんわり。香ばしい。

「あれ?思ったほど固くない!」そうです。

 

 

 

 

雑穀はこちら

バッカルドリン社(backaldrin)のコーンスピッツkornspitz

 

粉砕小麦、粉砕ライ麦、小麦ふすま、粉砕大豆、アマニ、粉砕小麦麦芽、粉砕ライ麦サワー種、焙焼ライ麦粉、焙焼小麦粉、大豆粉、食塩、香辛料

焼いたパンを製品にして、原材料表示シールを貼るときは、

「書き切れるかな?」と心配になる多種類です。

 

 

 

 

こちらは切りっぱなし。

ねじりパン用に切った両サイド。

こちらは、フライパン・・というか、スキレットで焼きました。

 

 

 

アウトドアで使うスキレットが近年流行っているそうで、

以前はとっても高価だったものが、

百均でも売ってると聞き、ダイソーでみつけて買ってきました。

 

百均だけど、こちらは300円商品、税込324円でした。

15センチφかな。

(下内径12.5、上内径15)

 

スキレットは基本蓋がないので、

同サイズを蓋代わりに。

ダッチオーブンのようになるかしらと期待しましたが、

蓋になる方のフライパンをそこまで熱く熱しておく時間と心の余裕もなく、

 

単にふたにしただけで、

途中パンを裏返して両面焼く、という

普通にフライパンでパンを焼く焼き方となりました。

 

が!写真でもわかるように、まるでトースターで焼いたのと遜色ない焼きあがりで

弾力ふわもちの

香ばしいクリスピーな食感。

 

厨房で五徳のガス火で焼きながらも

なんだかアウトドアな錯覚。

 

雑穀パンはもちろん、

こちらの300円スキレットでのパン焼きも可能性を探っていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

------------------------------------------

コットンチューリップの営業カレンダーなど↓

◆◆◆4月コットンチューリップ営業予定◆◆◆

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 09:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ