<< 翌日の手作り「いちご大福」 | main | クロッカス、咲いた。 >>

高さを出さずに焼くフォカッチャ

高さ4センチから5センチくらいに低く焼いたフォカッチャ。

 

いつも「おうちパン講座」の

「基本のドデカフォカッチャ」で焼くフォカッチャは、

生地を三つ折りにして

なまこ型の上に高く膨らんだフォカッチャですが、

 

これは、

二つ折りで

トースターの天板の形、正方形にちょうど納まる形で焼いています。

 

 

背が低くて良いのは、

焦げの心配が無いのと

スライスしやすいのと、

いつもとちょっと違う変化。

 

焼き時間も多少は短くなった気がします。

 

 

 

 

カット面も、

この気泡の入り方、まるでバゲットみたいじゃないですか?!

いい感じです。

 

 

スティックのサイズにカットすると、

持ちやすい、

食べやすいです。

 

いろんな形でカットできるので

バリエーション広がりますよ。

 

 

今までの三つ折りフォカッチャで

トップが焦げるのに、

生焼けになりそうで、アルミホイルかけて焼き時間伸ばして、ってのが

ストレスだった方は、

二つ折りで背を低く焼いてみる、

 

一度お試ししてみてください。

 

 

おうちパンの

ドデカフォカッチャのレシピは、

生焼けじゃなくて、

しっかりちゃんと焼けていれば絶対美味しいのです。

美味しく焼けた状態がどんなのかがわかれば、

3つ折りの背の高いフォカッチャもきっと美味しく焼けます。

 

こうじゃなきゃ、

習ったとおりじゃなきゃ!

と決めつけずに、

 

気楽に、手作りパンを焼いてくださいね。

 

 

4月の営業カレンダー
http://cottontulip.jugem.jp/?eid=824688

 

 

 

 

JUGEMテーマ:おうちパン

コットンチューリップ:小林純子 * おうちパン * 09:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ