<< 白神こだま酵母のパン | main | 【報告】おうちパンLe62フライパンであんぱん >>

イングリッシュマフィン風

イングリッシュマフィン風。

 

何で「風(ふう)」かというと・・・・

 

 

正統派のイングリッシュマフィンって、

まず、丸。

そして焼くときにコーングリッツ、というトウモロコシの粉を

全体にまぶして、焼く。

それが正統派のイングリッシュマフィン。

 

に、対して

こちら、四角。

焼くときにまぶしたのは、米粉。

そしてパン生地、全粒粉。

 

そんなのを「イングリッシュマフィン」と言い切っていいのだろうか、

イングリッシュ、その筋の方に失礼にならないだろうか、

 

と不要かもしれない配慮のうえ、「イングリッシュマフィン風」とさせていただきました。

 

 

 

四角。

マフィン用の丸いセルクルが無いので、

牛乳パックを輪切りにして、型の代用にしました。

 

 

意外にもいい感じに焼けました。

 

ナイスアイデア!!と

自画自賛もつかの間、「四角 イングリッシュマフィン」で検索すると

牛乳パックを型にして

四角いイングリッシュマフィンは、たーーーーっくさnいました(苦笑)

 

軽くトーストして

バターを塗って、

 

具材挟んで、

 

スモークサーモンを挟んだ、イングリッシュマフィンのサンドイッチです。

 

 

バンズだと、ハンバーガーにするしか無いような先入観ですが、

イングリッシュマフィンって、もっと自由に

好きな具材なんでも挟んでよさそうなイメージ。

もちろん、エッグマフィンにしてくれちゃってもオッケーだし、

フルーツや、ディップだってありでしょう。

 

また食パン焼いてスライスしてサンドイッチ、よりも

後片付けもずっと簡単だと思うので、

 

ぜひお試しください。

 

 

全粒粉の四角いイングリッシュマフィン

1個120円 (具材はついておりません)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 23:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ