<< 近況3月→4月以降に向けて | main | パン用の酵母菌を培養している >>

キノコ型マフィン「抹茶とアズキのマフィン」

抹茶とアズキの甘納豆を入れたキノコ型のマフィンです。

 

お友達のおはり子さんが、

午後から遊びに来ることになったので、時計を見たら

1時間ある!

1時間でできるもの、すぐ食べられるものと考えて

マフィン、焼きました♪

 

 

作業途中、トップにふりかけるシュトロイゼルを

「この機会に大量に作っておけば、

金土のスイーツ会や食事会のデザートで楽ちんかも!」

と思い立ち、

時間無いくせに

 

大量に仕込だしたので、

 

生地をちょうどカップに入れるその時に

おはり子さん到着。

 

せっかく来てくれたのに

お客さまお待たせのマフィン焼き、となってしましました。

ごめんごめん。

 

 

 

焼いてる途中も

「これねー、ちょっと失敗したかも〜、

生地、固いんだよねー、大丈夫かなー」

「なんか、まだ焼けてない。外側はいい感じなんだけど」

「ん?タイマー鳴ってないけど焼けたっぽい匂いがする」

と、

ひとりごとのような確認のような

ぶつぶつ声に出しながらのマフィン焼き。

 

 

そばで見ているおはり子さん、

 

(じゅんこさん、だいじょうぶなのかなー)と

さぞ不安だったことでしょう。ごめんごめん。

 

 

 

 

さてさて焼けました♪

ここでハプニングひとつ。

マフィンを型から出すところで、1個、キノコの傘部分がボロッと取れて、

マフィンが折れてしまいました〜〜〜(泣)

型から出して、クーラーに出すところまで

気を抜いてはいけません。

 

トップにたっぷりかけたはずのシュトロイゼルも、

焼きあがりに空気抜きのために、トンッって作業台に出したところで

シュトロイゼルも、ポンッってはじけて落っこちてしまったし、

つられるようにアズキもいくつか落っこちてしまったし

 

ほんと、最後まで

気を抜いてはいけません。

 

 

トップはカリッサクッ!

ボトムは小豆が新緑のケーキ生地にドット模様にようにちりばめられて

しっとりふんわり!

 

抹茶量が多いので、甘くなく、

大きさの割に軽い、

 

緑色が濃い、まるでお濃茶のように深い緑が美しい

マフィンです。

 

わたしとおはり子さん、

もう若くないので、

 

ぽろっと取れたキノコの傘部分とボトムの部分を

半分に切って、

 

1個の半分ずつ、

 

アールグレイおかわりして、いただきました。

「1個は多いよねー」なんて言いながら。

 

でも、

 

軽いマフィンだったので、もしかしたらおしゃべりの途中で

また半分ずつ、

マフィンひとりで1個、食べられたかもしれない。

ごめんごめん、

でも、無理しない、ってことで。

 

 

■抹茶とアズキのマフィン(キノコ型)1個 320円

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * マドレーヌ・フィナンシェ・マフィン * 16:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ