<< 山型食パン1.5斤 | main | 近況3月→4月以降に向けて >>

たまごサンド

3月8日に焼いた

1.5斤紅茶酵母の食パンを

一晩置いて、3月9日の朝スライスしたら、

 

両端入れて12枚でした。

 

8枚くらいかな〜と思っていたので

12枚は「あ、けっこういい数字」でした。

 

長い刃渡りの波なみになってるパンを切る包丁で切っていますが、

切りやすいパンでした。

長さがあって、しっかり押さえてスライスできる点とか。

 

 

焼いてる時もそうでしたが、

カットしてる時も、

そして食べる時も、紅茶酵母の、紅茶の香りが凄く良い。

 

 

紅茶の香りに明確に気がつかなくても、

この薄茶色の色で、

紅茶の茶葉から起こした酵母で焼いたんですよ、

 

と言うと、

「へえええ、なるほど、ああだからこの香り」と

納得してくれる。

 

 

そして、

 

紅茶の香りの紅茶酵母の食パンを

たまごサンドにしました。

写真、ちょっと暗いのね、

 

明るいところで撮り直し。

パンのお肌のふかふか感が伝わりますでしょうか♪

 

今日のたまごサンドの茹で卵は

ゆで時間、沸騰から13分。

固ゆでです。

4個。

マッシャーで粗みじんにして

発酵マスタード・粒胡椒・マヨネーズ・塩。

 

茹で卵ってついつい感覚で茹でてしまいませんか?

いや〜お料理ってこの感覚でやってしまう、ってのがいいんですけどね

でも、この感覚が身に付くまでは

「基本通り」とか「レシピ通り」にやる、って実は

上手につくる一番の早道なんですよね。

 

というわけで茹で卵、

今回はしっかり固ゆでにしたかったので

水から茹でて沸騰から13分です(うちの調理器具で※)

ちなみに、わたしが美味しいと思っている半熟卵は10分。

7分でとろとろ。

覚えておくといいですよね。

 

(※水から、冷蔵庫から出したて卵、16センチゆきひら鍋、ふた無し、プロパンガス、家庭用ガステーブルか業務用五徳での場合)

 

 

 

 

 

サッポロファクトリーで開催する

「あそびの学校」にボランティアで「先生」する日なので

お弁当に持って行きます。

 

3月9日(土)のあそびの学校

糸でんわ。

すーっとママとお話してる。ナイショの話しかな、

楽しそうです。

 

今日のサッポロファクトリーアトリウムはステージで

 BALLISTIK BOYZ 武者修行ライブがあり

朝から長蛇の列。

アトリウムに「こども」の姿がほとんど無しという

異例の土曜日となりました。

 

その分、ゆっくり落ち着いて、親子でのもの作りに没頭できたんじゃないかな、って

良い方に考えることにしましょ。

 

 

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 02:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ