<< 【教室案内】おうちパンのバレンタインメニュー | main | アルタイト・アルスターの食パン型の空焼きの失敗談とか >>

インフルエンザA型でした

 

前回ブログを更新したのが、1月21日の深夜(日付はもう22日になっていましたが)

これが月曜の夜でして、

月曜の日中、お昼過ぎあたりから

なんとなく喉がイガイガしてきたのです。

そして、コホンコホンと乾いた咳もついてきて。

 

飴玉でも舐めたいなーという気分でした。

 

夕方からコールセンターに出勤し

夜は火曜のオノベカに納品するものたちを

数えたり伝票作ったり。

いつものように夜中の作業をぼけーっとやっておりました。

 

 

火曜日

やっぱりのど痛いし咳出るし、

早めに治そうと、

病院へ行ったのでした。

 

そうしたら

「念のためにインフルエンザの検査をしましょう」ということになり

「まだ初期段階でマーカーうっすらなんですが、ほら、」

って

本当にうっすらのA型にマークが付き

インフルエンザA型と判定、

あれよあれよという間に出勤停止となってしまいました。

 

この時点ではまだ

「甘酒でも買って帰ろー」くらいの元気はあったのです。

 

 

 

診察の際、

「このまま熱が出なければ・・・」なんて先生のお言葉も裏切りの

翌日未明からどんどん熱が上がり

水曜・木曜

立ち上がればぐりんぐりんと床壁回る感じでした。

 

そんな中、

 

玄関に貼った上記貼り紙のおかげで

集金も

荷物の受け取りも

二度手間なくできました。

 

意外と

ゆうパックさんもクロネコさんも

貼り紙見て電話くれました、

「すみませんねー、おだいじにー」って。

こっちこそ

すみません!ありがとうございます!です。

 

 

ところで、

水木、熱がありながらも

早く回復したくて、無理に食べてました。

お粥、茶碗蒸し。

これは今思うと、食べない方が良かった。

食べても、消化器系が働いてくれないのです。

 

咀嚼して呑み込んで胃袋に落っこちてもそのまんま。

誰も消化しようとしてくれない。

噛み砕いたまま、胃の中に居る感じです。

そのまま背中をドンッって叩かれたら、ポンッって出てきそう。

ムカムカ感だけが

具合悪さに加わった感じです。

 

金土は、ビタミン系のジュースをガボガボ飲む。

 

教訓1:食欲が無い、具合が悪い時は無理に食べないこと。

体力がとか、栄養が、とか考えず。

水分は取っておこう。

 

 

さらに、

金曜日、ちょっとはいいかなと思って午後から夜まで

椅子に座ってパソコンに向かい伝票入力をしました。

日曜からコールセンターに出勤したかったので、

身体ならす意味も込めて。

 

そうしたら、

なんてことでしょう!

土曜日、

起き上がれなくなりました。

起きて歩いてもフラフラで起きていられない。

ああ、失敗した!と思いました。

加えて、痛かったのどがなんといいうか

キズがかさぶたになってはがれていく感じで

口の中が不味くて痛くて、唾をごっくんするのも痛い。

 

教訓2:1日無理をすると2日復帰が遅れる

 

 

というわけで、

結局日曜、今日ですが、今日もお休み状態。

熱が出て水木金土日、5日ですね。

 

 

経験者の方達がおっしゃっていました。

 

あきらめて寝ていましょう

 

その通り、インフルエンザ、早く治すには

あきらめて寝ていましょう!です。

 

 

 

ただ、ずっと寝てると

背中、腰、痛くなりますね。

また寝てばかりいると、起きた時血圧がびっくりするようで

クラクラふらふらしますね、

余裕を持って寝てましょう、ってことも大事かな、って思いました。

 

 

そろそろ治ってきた(と思いたい)

しばらくぶりにまたパソコンに向かってブログ記事更新。

ほんとはかなり焦っています、

納品も、パン教室も、

世間からも

隔離されて置いてかれてる感いっぱい。

 

追いつく、とか

他人と比べることじゃないってわかっていてもねえ、

こんなおばあちゃん年齢のわたしでも焦るんだから、

若者、学生さんなんか、5日も1週間も休んだら焦るだろうなあ。

 

わかるよ。その気持ち。

 

 

そうそう、もしかしてと思って検索したらわたし去年も

1月15日に熱出して、救急当番医に行っていました。

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=824248

1月後半、要注意、覚えておかなきゃ。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキのごはん以外 * 14:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ