<< シュトレンの薄葉紙による合わせ包みと十字掛けりぼん | main | 【報告】パン教室cp1「シナモンロール」 >>

蔦のリース台

お天気良く晴れて、

雪のあいま、

 

リース台がもう無かったわ、

今のうちに、

 

と、桜の幹に絡みついてるツタを、

グイッと引っ張って、外し、グイッと引きちぎって

 

2本ばかり、

先端が細く、巻いて巻き終りの処理がしやすい。

 

 

もうカラカラに乾いて

枯れてる枝かと思いきや、

中、緑で繊維質が瑞々しい、

 

生きてたんだね、

引きちぎってごめんね。痛かったでしょ、ごめん。

 

 

2本ばかりをくるくる巻いて

並べたら、なんとまあ、計ったように同じ大きさ。

すごくない?

 

暮れの合間を見て、

来年用のちょっと豪華なリースを作ろう

 

冬の晴れ間に花仕事。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 14:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ