<< 献血 | main | 唐辛子のリース >>

小さいゆきひら鍋で1合のごはんを炊く

ひとそれぞれの感じ方だと思うけど

わたしはね、

1合っぱかりのご飯を炊くのに

5合炊きの炊飯器を使うのは

めんどくさいわけよ。

 

そりゃ勝手に炊いてくれるんだけどさ、

 

終わったあとの片付けが

内がまと

内ぶたを

洗うのがね、

洗ったあと片づけるのがね、

なんだかめんどくさい。

 

そんなことないよーって言うでしょ、

だから

ひとそれぞれの感じ方、って思うわけ。

 

 

炊飯器使うんだったら

そこら辺に転がってる小っちゃい鍋で炊いちゃえ、

 

ってわたしはなっちゃうわけ。

 

ごはん炊く、って難しいって思うでしょ、

確かに難しいわ。

炊飯器だと、

もちもちコースとか、やわらかめ、とか

選べるけど鍋で炊くのはもうカンしかないわけ。

 

そんなことないよ、

IHクッキングヒーターに「炊飯コース」もあるよ、

ってそういう人もいるかもね。

そうでした、うちにもありましたわ(-"-)

 

が、

今回はそこらへんに転がってる鍋で

お湯を沸かすみたいに普通にガスのコンロで

「あ!吹きこぼれそう、ふた取らないと!」

とかあっちもこっちも見ながら

テキトーにやってもご飯って炊けるんだよ、

 

ってことを、自分で確認しときたくて、

ゆきひらで1合のごはんを炊く、をしました。

 

 

お焦げができる。

 

こりゃお茶漬けにしたらサイコーだわね。

 

 

なんてことも頭の片隅でにやにやしながら

自家製の梅干しのっけて、

炊き立てご飯を食す。

 

 

 

そちゃ最新炊飯器でシュワーッと炊いたご飯の方が

美味しいっちゃあ美味しいのかもしれないが、

 

どんな鍋でも

適当でもご飯は炊けるのだよ

 

と、ときどきそれをやりたくなる

ご飯をひとりで1合、食べたくなる

 

今日はそんな日。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 12:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ