<< 愛犬を亡くして | main | 渦まきとチェックのクッキーとブルーベリーのクッキー >>

映画「日日是好日」

映画「日日是好日」をみてきました。

 

とてもとても素敵な映画でした。

 

 

観終わって

いろーんな感想を、自分の中で整理して、

 

 

お茶の先生が言うです、

「あなたもそろそろ教えてみたら」

 

もう25年以上も習っていて

 

25年も習っていて、そろそろ、って

 

お茶の先生になる道のりは

長く厳しいのだなーと、

まあ、これは知ってはいましがね、

 

わたしの母、裏千家で、教えてましたから。

でもわたしは、お茶を続けることができなかった。

 

 

それはそれとしておいておいて、

 

 

お茶の先生になることと比べると、

 

パンの先生なることは何と簡単なことか!

 

 

わたしは、パンの先生になる前に、

パソコンのインストラクターだったし、

お料理やお菓子の先生だし、

子供たちに絵や工作を教えたりもしますが、

 

パンの先生は、

中でも簡単になれるって、思います。

 

さらに、

 

 

おうちパンの先生なら、最短数日で資格が取れます。

cottaに認定してもらうのに事務手続きやらあって

もう1日くらいかかるかもしれないけど。

パンの先生って、先生になるハードルは低い。

 

うまく言えないけど、

 

簡単に先生になれる、ってことをもっともっと利用してもいいのじゃないかと思うのです。

 

臆せず、先生になって

パンを焼く楽しさや、食べ物にかかわる大切さを

少しずつでも伝えて、

それがお仕事になれば、

 

人生も面白い方向に変わっていけるのではないか、

 

と思うのです。

 

教えることは、

生徒さんから、教わることでもある。

教えることで、もっと学ばなければいけないと

足りないトコを補うためにそれ以上学ぶことが必然となる。

 

そうやって先生として成長していけばいいのだと

思うのです。

 

せっかく簡単に、パンの先生になれる機会があるのだから、

今は教えなくても、

なってみてはどうでしょう?

 

って思ったのですよ。

「日日是好日」を見て。

いい映画でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

コットンチューリップ:小林純子 * 映画(観に行ったり借りてきたり) * 21:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ