<< 生きる意味 | main | ぷっちゃんお見舞いお茶の間ライブ >>

【報告】おうちパンLe42ゴマチーズドデカパン

9月26日(水)のおうちパン講座はレッスン42回目

ゴマチーズドデカパン

 

わたしと生徒さんふたり、3つゴマチーズドデカパンが並びました。

 

 

ひとりの生徒さんが、

このゴマチーズドデカが大好きで、

「毎回試食はゴマチーズドデカにしてください!」と言うほど。

うーん悪いけど、試食にはいろんなの出させてもらうわ(^_^.)

 

 

焼きあがったゴマチーズドデカ、

どうやって食べたい?と聞くと

「ハムや葉っぱを挟んだサンドイッチにしたい」

 

やっぱりねー、わたしゴマチーズドデカは

ハムとレタス、余裕があればトマトやスライスチーズも挟んで

マヨネーズを絞ったサンドイッチで食べるのが

大好きです。

 

今日はその他に、全日のスイーツ会の作品が何点かあって

それも少しずつ食べてもらいました。

パンの右側のお皿にちょっとだけロールケーキが見えてますがそれです。

 

 

本日の生徒さんは、

いつも来てくれる仲良し姉妹。

全種類制覇を狙っておられます。

また、コットンチューリップの教室に

 

「10回来ると、お好きな粉500gプレゼント」

 

こちらももなんとかイケそうで楽しみに通ってきてくれるお2人です。

 

 

レッスンの冒頭で

「先生、シニアになったんですね?!おめでとうございます!!」

と祝辞をいただきうれしかったです。

そうです!

シニアになりました。

おうちパンマスターを認定できるので、

マスターになりませんか?

 

とお誘いすると、

「ここで先生と作るのが楽しいので」

とやんわりお断りを。

そうですね、想いはさまざま。

 

教室に来て

非日常な空間で、大好きなパンを焼く、

それってとっても

ココロとカラダとそして頭に良いです。

 

パンのこと、考えて手を動かして

口を動かして、

そして、コットンチューリップの工房を出て帰るときには

元気になって

「さあ!明日はパンを焼こう!!」

そう想って空気を吸って吐いたなら

きっとカラダの細胞がみんな喜ぶことでしょう。

細胞が喜べばキレイになります。

 

 

 

彼女たちは12月までご予約いただいています。

生徒さんもわたしも両方が安心ですね。

 

いつもありがとう、お菓子とパンとレッスンと。

 

JUGEMテーマ:おうちパン

コットンチューリップ:小林純子 * おうちパン * 23:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ