<< コットンチューリップのプレーンな丸いパンとクルミパン | main | 5月 >>

紙のワークショップで作った「犬」

A4の紙を余すところなく使い切って作った犬、です。

 

紙の専門店ペーパーショップサクマでの

紙のワークショップで作りました。

 

 

先生の作品例よりも、うーーんと耳が小さくなってしまったけど

耳の位置をぷっちゃんを思い出しながら決めて、

シッポのカールも外向きにし、

さらに眉毛も書き、

カラダ本体には花模様。

まるでぷっちゃんを彷彿させるような仕上がりに!(^^)!

 

ワークショップからその足で、会社に行き

仕事をしての夜帰宅、

持ち帰ったぷっちゃん犬をテーブルに置いて

後ろから撮ったら、

 

お尻が丸くて、後ろ足がO脚なところはぷっちゃん入ってますが、

頭の後ろ向きとしっぽを立てた感じがなんだかまるでサチコさん!

 

 

紙を切ったり貼ったり、

絵を描いたり、

 

3~4歳の子供から年配のご婦人まで

いろんな年代の方といっしょに

工作をして

楽しかったです。

 

またこんな機会があったら参加したい。

 

 

デザインと教えてくださったのは

いちまいのいのち」の ikupin先生。

会場と紙(いろんな種類と色の紙を22枚も)のご提供は

ペーパーショップサクマさん

でした。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * 手芸・つくりもの * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ