<< 「おうちパン」を習いに行く1 | main | 【報告】ココカラキレイの食事会18-3月例会 >>

お彼岸に送るシュトーレン

もう春ですが(^_^.)

シュトーレンをたくさん焼いて、

たくさん発送です。

 

お歳暮やお年始をいただいてのお礼に何を送ろうと考えた時、

コットンチューリップのシュトーレンが忘れられなくて、

シュトーレンを送りたいのだけど、

とご相談をいただいた時、

 

「シュトーレンはクリスマスを待つドイツのケーキですよ、

見た目も雪のように真っ白で、冬のイメージですよ」

 

とやんわりお断りをし、他のケーキや焼き菓子でいかがでしょう、

とお話しさせていただき、一度はそうなったのですが、

 

「やっぱりシュトーレンを送りたい、そして、シュトーレンがどういうお菓子なのかという説明文もつけて欲しい」

 

という、

コットンチューリップではありがちな

「わがままオーダー」を受けました。

 

 

 

ご要望通り、

「シュトーレンのこと」という説明文をお付けしました。

 

シュトーレンとはどんなもので、ということから

シュトーレンの食べ方、

そして、まわりについてるお砂糖のことなど

お菓子って楽しいなあと思っていただけるような文章を書きました。

 

クリスマスの時期のシュトーレンは、

「ハッピークリスマス」とロゴをデザインした

ウキウキ感満載のシュトーレンの箱なんですが、

 

この時期、その箱、取扱いがなく買うことができず、

サイズで選んで、この灰がかったグリーンに英字がデザインされた箱にしました。

これがシュトーレンにもぴったりサイズ、

さらに、60サイズのダンボール箱にもぴったりサイズでした。

 

 

リボンは桜の花に輪柄チェックと

オーガンジーは黄色。

これを赤の麻紐で結びます。

洗濯ばさみは、リボンを作るときの裏ワザアイテムです。

わたしの指の代わりに押さえてもらいます。

 

真夜中の工房で、リボンをひとりで手作りしてるなんぞ、

地味な仕事だなーと思います。

 

 

こんなリボンの作り方も、

コットンチューリップのお菓子教室では講習していきたいと思います。

 

ほら!

ダンボール箱にぴったり。

クッション材入れなくても動きません。やったね!

 

いってらっしゃい!あちこちで、

美味しい!と言ってもらえるよう、がんばってきて。

 

 

素敵なお茶の時間をおすごしください。

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * シュトーレン * 12:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ