<< ネスカフェドルチェグストの「抹茶ラテ」 | main | ガーデン未満2 >>

マドレーヌとフィナンシェ

焼き菓子の定番
「マドレーヌ」と「フィンナンシェ」。

形以外の違いと言えば
 

マドレーヌは全卵を使い、

 

フィナンシェは卵白、

それから粉がほぼアーモンドの粉を使う、バターは焦がして使う。

フィナンシェは材料が贅沢なお菓子、

それは下の画像のような金塊の形からも伺えます。

 

ハート型で焼いたフィナンシェ。

 

 

フィナンシェは、マドレーヌよりも厚みが薄い。

 

 

焼き方のポイントとしては、

外がカリッと焦げて、固いのは外側から3ミリほど。

そこから中心部分にかけては、しっとりと。

 

そんなことが、教則本に書いてあった。

 

マドレーヌも、フィナンシェも、

「簡単」「初心者向け」とされているお菓子だが、

 

なんのなんの、わたしはとっても難しい!って思っている。

 

なかなかうまいこと焼けない。

いつになっても。

 

 

マドレーヌ、

女性の名前との説など諸説あるが、


wikliよりおもしろいお話をひとつ。

  • マルセル・プルースト - 自著小説『失われた時を求めて』の冒頭で
  • 主人公はマドレーヌの匂いから遠い過去の記憶を呼び覚まされて、20世紀を代表する長編小説の幕が開く。
  • このシーンが有名になったことから、味覚や嗅覚から過去の記憶が呼び覚まされる心理的な現象が、「マドレーヌ効果」、「プルースト現象(効果)」、「無意識的記憶」と称されることがある。

臭い、香りから過去が呼びさまされる、(色もそうですね)、

それをマドレーヌ効果という、

なるほど、

わたしはしょっちゅうですよ、

 

春の雪が解けて埃っぽい土の匂いが湯気となって立ち昇っていると

3人の子供たちの妊娠時代を思い出して

つわり症状が思い出され、なんだか胸がむかむかするんですよ。

 

 

マドレーヌと、フィナンシェ。

お店によってぜんぜん違うので食べ比べてみるのも楽しいですよ。

4月3日(火)の

よりどこオノベカでの「オノベカ市」で販売してます。

17時半まで。

 

よろしかったらどうぞ。

 

またコットンチューリップでもお引き取り可能。

ご予約が確実。ご連絡お待ちしてます。

 

コットンチューリップ小林純子

0112060618

pironpi@yahoo.co.jp

 


 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * マドレーヌ・フィナンシェ・マフィン * 11:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ