<< ナツメグ入りチョコナッツのクッキー | main | レモンとスパイスのスコーン >>

イースタークッキー

お菓子屋的には、

お雛祭りが終わると、イースター。

 

ハッピーイースターのシールは

卵にウサギの耳と目鼻をつけて回りをお花が囲んでいる

春らしいイラスト。

 

あんまり馴染みが無いながらも

ちょっとずつ浸透しつつあるイースター。

 

意味はわからないでも、

わたしは中高生くらいの時、ユーミンの「ベルベットイースター」を

繰り返し聞いては歌ったいたものです。

 

でもでも、そもそも

イースターって何?

 

 

イースターとは、

十字架に掛けられて亡くなったイエス・キリストが3日後に復活したことに由来する復活祭です。

 

それはいつか、

イースターは、「春分の日が過ぎて最初の満月が出た後の次の日曜日」

なので日付は毎年変わり、決められた日というのはありません。

 

なんでウサギと卵?

卵は、生命の誕生を表していると言われています。それと同時に、殻の中にいる時間を経て殻を割って生まれてくる様子がキリストの復活を象徴としているとされています。

うさぎは多産であることから豊穣のシンボルとされていました。

それで、卵をイースターエッグ、イースターエッグを運ぶウサギをイースターバーニーと言うんだそうです。

 

 

来年のイースターは、

卵型のクッキーにイースターエッグのように模様を描いて

ウサギクッキーと対にして販売してみようかな、

と思ったりした次第です。

 

 

そんな中でのコットンチューリップの春クッキーは、

お花の形に型抜きして、

ボタンのように穴を開けたクッキー3種。

 

プレーンはプレーン。

ピンクは、桜。

グリーンは、ピスタチオです。

 

さっくり。

そして桜の香り

ピスタチオの香りがほのかに漂います。

 

苺や抹茶と違って、材料が高価ですが、

美味しいので

サクラとピスタチオで続行します。

 

南11西7の

「よりどこオノベカ」さんで毎週火曜日に開催の

「オノベカ市(おのべかいち)」で販売します。

毎週火曜日17時半までです。

ぜひいらしてみてください。

 

いろんなもの、売っていて

いろんなこと、やっています。

 

わたしは、

すみません!居ません。

朝、納品したら帰っちゃいますが、

ご要望あれば、オノベカで会うことも可能ですので

わたしあて、

お問合せください。

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * クッキー * 09:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ