<< 親子お菓子つくり教室の感想ノート | main | フィナンシェとクッキーのプチギフト >>

「平成25年(ワ)第2173号」の弁護士報酬

確定申告も税務署に郵送して

やれやれ今年も終わったー!とほっとしたのもつかの間、

 

今日の午後からの仕事をすべてやる気なくさせてくれた

この封書。

 

弁護士からは「弁護士報酬が決まったら法テラスから連絡が行きますよ」

とつい最近電話があって、

 

まあ覚悟はしていましたが、

来ましたわ。

 

 

わたしが法テラスに

弁護士さんの裁判の代理人費用の立て替えをお願いした裁判は

二つあって、

ひとつはブログタイトルの

「平成25年(ワ)第2173号」。

これは住んでるわたしと家の持ち主たち3名が被告となった裁判。

もう一つは

わたしが原告で家の持ち主2名を訴えた

「平成28年(ワ)第466号」。

 

この466号でわたしが勝訴したので弁護士報酬を

払うのだが、

結審したのが2016年で、すぐ「いくらですよ、払ってくださーい」

と法テラスかまたは代理人の弁護士から連絡がくるのだろう、

と思っていたのがずーーーーーっと来なくて、

 

去年2017年9月に、弁護士事務所に問い合わせ

「わたしから先生にはらう弁護士報酬ってどうなってますか?」

「法テラスに聞いてください」

法テラスでは

「まだ決まっていません」

 

えええ??!まだ決まってないんですか?!

 

そうまるっと1年以上放って置かれての

本日、通知がきました。

「決まりましたー、こんな具合です。

なるべく早く・・・ってか、終結して3年以内に払ってねー」

だそうです。

 

実費やらなんやらふくめて、結局いくらかかって

今いくら残があるのか、

 

法テラスは聞かなきゃ教えてくれません。

 

電話して

「いくらかかってて、いくら残ってますか?」

って聞けば簡単に教えてくれます。

 

 

それを聞いたのが、去年の9月。

それから5か月たったので、

5か月間毎月3000円と手数料ずつ払っていたので

元金からは15000円が減っているはず。

 

というわけで、

わかりづらい文書から数字を拾って

自分で納得いくように表にしました。

 

それがこれ。

 

 

 

残金を3年で完済するためにはこれから毎月8000円ずつ払わなきゃいけないみたいです。

 

どうでしょうか、今すぐ

返済金額を

3000円から8000円に変更した方が良いでしょうか。

 

法テラス的には、

返済額を増額しなさい、と文書でも言っていますから

そりゃあ8000円でも1万円でも多く払って早く完済した方がいいよ、

と言うでしょう。

 

しかし、

貧乏極まりないわたしとしては、

こう考えます。

今までどおり3000円ずつ払い続け、

期日まで払い続け払いきれなかった分は

その時(3年になるよ、残どうする?ってきっと聞いてくるでしょう)相談させてもらう。

ということにしようと思うのです。

 

 

だって、終結から3年以内に完済しなければいけない

なんて聞いてませんでしたもん。

7〜8年かけて返せばいいって思ってましたから。

 

これが

良いか悪いか、

いろいろご意見はあるかと思いますが。

 

あるかとは、思いますが、

 

 

 

わたしは、今は

こんなふうに思っている、

 

てことと、

今日、このお知らせが郵送されてきた

 

ってことを

忘れないように

忘れてもすぐに探せるようにブログにアップしておきます、

ってことで。

 

 

 

この裁判、

法テラスに立て替えてもらった総額は

422616円。

 

他に交通費やら証明文書やらいろいろ実費かかってますから

かかりましたねー。

なにより時間が。

 

平成25年(ワ)の平成25年に始まって今平成30年です。

5年の月日がかかりました。

 

裁判って、ね。

かかりますね、お金と時間。

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 18:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ