<< 忘備録「コウモリ」 | main | 【続報2】広報さっぽろ2月号の表紙イラストの赤い実は何? >>

母屋解体から1年たった。

おはよう♪

寒いね、リビングの猫タワーという高い場所でさえ

+5℃しかない(>_<)

 

朝陽をお尻に浴びて暖を取る

サチコさんと

ポインセチアと

蛾の繭(-"-)

 

東から昇ってくる朝陽が一旦スカイタワーマンションにの窓に当たり反射して、

工房の南窓からサーチライトのように射し込んで来る。

 

去年の今日までは、この光は母屋に遮られて

工房のリビングは南向きではあるのに

光が入らず、

工房と母屋の屋根から落ちる雪もあいまって

薄暗い午前中でありました。



母屋が無くなってこんなにも工房のリビングに陽が入ってくるのか、

と実感し太陽アリガトウ!の今年の冬です。


母屋解体からちょうど1年。

母屋に爆弾があったことさえ知らないという人もお客さまや友人に加わった

 

それからの1年でありました。

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823853

冬本番、しかし春準備の2月。

2月は

ナチュラルに生きていれば、恋をしたくなる季節。

この季節にだる〜い人は肝機能が落ちてるかも、ちょっと生活習慣見直してみよう。

 

 

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 08:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ