<< オムライス弁当 | main | 【続報1】雪うさぎの目と耳は南天らしい >>

広報さっぽろ2月号の表紙イラストの赤い実は何?

広報さっぽろ2月号の表紙イラストの赤い実。
この植物は、何と言う名前かわかる方がいましたら教えてください。

 

冬期も常緑で雪のある戸外でも栽培が可能かどうかを知りたいです。

わかれば工房の庭に植えたいと考えています。


下向きの赤い実、

緑の葉っぱ尖って3枚、雪をかぶっている。

この葉っぱと赤い実を使って作ったのでは?と連想させる雪うさぎのイラストがセットです。

 

 

札幌市広報課からは「札幌の街路樹に多く使われているナナカマドです」と回答をいただきましたが

納得がいきません。

だって、

秋から冬、雪をかぶって緑の葉がついたナナカマドをわたしは見たことがないですもん。

ナナカマドは札幌では

秋に紅葉し、その後落葉。赤い実だけが枝に残ります。

 

本当にナナカマドでしょうか。

 

イラストを担当された方が想像で描いたならそれはそれでかまいません。

 

わたしが知りたいのは、

雪をかぶる季節でも

常緑の葉っぱと赤い実をつける植物があるならそれは何か?

札幌で露地栽培可能かどうか、ということなんです。

 

 

わかる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:お庭のお客様

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 11:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ