<< 寒ニシンと寒わかめ | main | 消しゴムハンコ2オリジナルぷっちゃん >>

シフォンケーキの型から外し方

モッコモコにシフォンケーキが焼けまして、

これは一晩、ビンの口にひっかけて逆さにし冷ましたもの。

 

一晩おくことで、生地もしっかりしますね。

焼きたては熱くてふにょふにょと頼りない。

オーブンから出したばかりのケーキやパンは、生まれたての赤ちゃんと同じです。

片方からばかり力を加えたら頭や顔が変形してしまいそうで

こわくて大事にだいじに抱っこした。

パンやケーキも同じ。

6時間から8時間もたてばこの世の空気に馴染み、

輪郭線もくっきりしてくる、というもんです。

 

 

さあ!

そうなったらいよいよ型からケーキをはずしますよ!

 

シフォンケーキの外し方、

パレットナイフやスパラチュラ(へらのことです)をケーキと型の間に差し入れて

ぐるりして外す、とするやり方もありますが、

 

わたしは、手で外しますよ。

 

 

あの上の画像のモコモコきのこの傘のように盛り上がって膨らんでる部分を手の平を使って全部型の中に一旦押し込みます。

押し込みながら型からケーキがはがれていくようにゆっくり少しずつ力を加えていくのです。

 

あくまでもゆっくり少しずつ、です。

 

 

外れたな、と思ったら、

底に円周が一回り小さくて高さのある缶などを置き

型の側面をぐーーーっと下に降ろすと、

抜けます。

 

これは抜けて底板外すために逆さにしてますが、

今度これを横向きにして、ケーキを中心の心棒方向に押しながら底板とケーキをまた手ではがしていくと

底板が外れ、芯も抜けます。

 

抜けるとこんな感じ。

下の(というか上のというか)盛り上がってたもこもこ部分は

平らな台に乗っかって平っぽくなってますが

特に身長が縮まったりはしないのです。

同じく痩せてもいませんね。

 

へら(パレットナイフ等)を使っていない外し方の

外れた型はこんな感じです。

 

カットするには、こういう目盛がある台に乗せると

太い細いなく、均等にカットできますよ。

 

オレンジピールが入ったシフォンケーキです。

弾力のあるふかふか形状記憶のお布団みたいです。

 

販売用。

 

1カット230円。

ホール1800円。ホールがちょいと割安。というのも現状シフォン用の箱の用意ができてなくて。

シフォンも箱に入れるようになったらお値段も変わるかもです。

また味の変化のため入れるものが変わったらそれもお値段変わるかもです。

 

シフォンケーキ、焼いたらこのはずし方、

試してみてくださいね。

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * シフォン・スポンジ・台 * 10:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ