<< エンゼルのクリスマスリースケーキ | main | シュトーレンを焼く >>

クリスマスメニュー『牛すね肉のトマト煮こみ』

クリスマスのご馳走メニューは

『牛すね肉のトマト煮こみ』

 

すね肉が難しそうですね、

ずっと煮てなきゃいけないみたいな

手間ひまかけました、をアピールできる

クリスマスだからこそ、って感じのお料理ですね。

 

確かに手間ひまはかかりますけど

言ってしまえば難しいのはそこだけ。

逆に言えば、時間かければかけるだけ

翌日もその次の日もどんどん味がこなれて美味しくなる。

気楽に作ってくださいね。

 

 

 

手間ひまの第一弾。

玉ねぎをじっくり炒める。

飴色になってタマネギの甘みが出てくるまで。

 

手間ひま第二弾。

牛すね肉、下味を塩コショーでつけて多目のオイルで焦げ目をつける。

一緒にニンニクのスライスも炒めて、焦げないうちに出す。

 

 

手間ひま第三弾

大豆を茹でておく。

 

準備ができたらあとは煮るんですけど、

お急ぎでしたら圧力鍋を使って。

 

【材料 2人分】

牛すね肉 300g

塩・コショー 適宜

サラダオイル 適宜

ニンニク 3片

玉ねぎ 1個

サラダオイル 適宜

バター 10g

大豆茹でて 2分の1カップ

ニンジン 1本

キャベツ 8分の1個

セロリ  2分の1本

トマトホール缶 1缶

ローリエ ホール 1枚

塩    適宜

ササゲ塩ゆでして  4本

 

【作り方】

1・牛すね肉は買ってきた塊のまま塩コショーをする

2・サラダオイルを熱したフライパンにスライスしたニンニクを入れ香りをだす。1を入れ焦げ目をつける

ニンニクは焦げる前に出す。

3・玉ねぎはスライス、またはみじん切りでサラダオイルを熱したフライパンでじっくり炒める。炒め終りのタイミングでバターを入れる。

4・圧力鍋に2、3、皮を剥いて乱切りしたニンジン、ざく切りキャベツとセロリ、トマトホール缶、缶をすすいだ水ひと缶分、ローリエを入れ5分加熱自然冷却。

5・圧力鍋の蓋が開いたら肉を出す。鍋の野菜をマッシャーでつぶす。

6・肉は食べやすい大きさに切って鍋に戻す。茹でた大豆を入れる。

7・弱火にかけてつぶした野菜がトロトロになじみ肉がホロホロになるまで煮る

8・味を見て塩を入れる。味を見ながら入れる。

9・火を止め冷ましながら味をふくめる

10・食べる際、温める時に茹でておいたササゲを食べやすい大きさに切って入れる。

11・器に盛りつけて出来上がり。

 

年末年始のおもてなし料理レシピ
年末年始のおもてなし料理レシピ  スパイスレシピ検索

 

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ