<< クレジットカードあれこれ。 | main | コットンガーデンのナチュラルリース >>

犬のぷっちゃん床屋さんに行ってきたの図

 

お正月前の床屋さん。

 

年が明けたら15歳になりますから、

もう老犬です。

後ろ足が弱くなって、すぐにお尻ついてしまうし、

車に乗せても助手席から落ちたら自力で上ることができないし、

お散歩もヨタヨタ歩くし、まず行きたがらないし。

 

10月に気管支炎をしてからは

エサもあまり食べないし、

 

痩せてしまって、トリミングをして貧相なカラダが現れたら

と思うと、トリミングに出す気がすすまなかった。

 

心配した通り、

トリマーさんの言うことには、

お尻がすぐついてしまって、

またトリマー台から落ちそうになるので

支えながらのカットで切り揃えが不十分と。

 

だいじょうぶ、じゅうぶんです。

大変だったと思います、ぷっちゃんのカットは。

わがままに育ててるし、

必要以上に痛がるし。

膀胱ユルイし。

 

こんなにキレイにカットしてくれてトリマーさんに感謝です。

 

がんばったね、ぷっちゃん。

 

 

 

「がんばったぷっちゃんに、オヤツください」

 

「床屋さんで買った、鶏ささみのソフトドライ!」

 

「まだ残ってるの知ってるんだよーー!!」

 

「ぷっちゃんのおやつーーー!」

 

「ください。。。」

 

「お皿、からっぽだよ。」

 

「おやつ、入れてぇよぉ。」

 

 

もう! 可愛いつぶらな真っ黒な瞳には勝てません。

 

おやつをおねだりする時は

耳が立つんです。

 

ぷっちゃん、療養食もちゃんと食べてね。

なるべく長生きしてください。

お母さんからお願いね。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ