<< チョコモカナッツのマフィン | main | 子宝の木(マザーリーフ) >>

オレンジのマフィン

オレンジのマフィン。

バターと卵と、国産オレンジを絞ったオレンジ果汁で焼いています。

 

皮も、

シナモンやクローブとグラニュー糖で煮て

自家製のオレンジピール、ママレードにしてあるので

それも刻んで入っています。

 

シンプルで、

先にアップしたチョコモカナッツのマフィンのような豪華さはないですが

クリームチーズやホイップクリームを添えたりして

バリエーションも楽しめます・・・・・けど

やっぱりシンプル過ぎたでしょうかね、

 

本日のコットン日和の直売、オノベカでの販売共に

チョコモカナッツに完敗でした。

 

しばらくは焼き続けるので、

見つけたら食べてみてください。

 

口の中の両脇、唾液がたまるところに

爽やかなオレンジの、まるで濃縮オレンジジュースみたいな

唾液がいっぱいたまりますよ♪

マフィンにしとくのはもったいないくらいオレンジケーキなマフィンです。

 

お盆休みが終わって、

海水浴やキャンプのお客さんが去って、

特設駐車場の札もおろし、

車停め放題になった頃の、海に、

 

ジャスミンティーとこれ持って、ドライブしたいと思うのですが、

 

海行き、海帰りの国道は夏休みが終わるまでは混んでるでしょうか。

 

 

甘酸っぱい、爽やかな香りが口と鼻から体に入ってくるオレンジのマフィン。

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * マドレーヌ・フィナンシェ・マフィン * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ