<< 大人の自由研究「カラーボックス組立」 | main | 岩合光昭写真展「ねこの京都」に行ってきました >>

一時預かり保育

 

昨夜熱を出したので、

保育園をお休みして、工房でお留守番することになった孫っち。

 

ママが出勤してとりあえずお約束の大泣きをして、

 

それから勝手に靴を履いて外に出ていこうとする。

すごいなあ、

前はできなかったのに、自分で靴をはいて、

玄関扉あけられるようになったんだ、

 

抱き上げると、

ママが行った方向を指さす。

 

わかるけどね、留守番だ。

 

向きを変え、

工房の庭の花ひとつひとつの名前を教える。

大きな蜘蛛、小さな蜘蛛も教える、

 

わかんないとは思うけどね、そのうち記憶に残るようになるだろう。

 

小さい象さんのジョウロ、4リットルジョウロ、10リットルのバケツ。

 

15リットルのバケツを持つ、

という。

 

持てるわけないわ、

っていうか、この初夏から今日まで

この15リットルバケツで何往復も水まきしたんだわ、

どおりで水道代、増えてるはずだ。

水道局のお便り、

「いつもの月より使用料が増えています、水漏れは確認できなかったので

こころあたりがあるかないか、水道局までご一報を」

とメモが入っていた。

こころあたり・・・・

これだ、

畑の水まき。

 

 

孫っちはといえば、

早々に、お花の水やりに飽きて、

部屋に入り、

わたしと一緒に新聞広告を見ながら、

 

鮨屋のチラシを見て、

指でつまんで食べる真似をする。

 

ほっほう、

こ奴、寿司屋でニギリ食べた経験有るんだな、

と思いながら、

しばし、広告のニギリ寿司各種を食べる真似をして遊ぶ。

 

 

忘れていたぷっちゃんにフィラリアの薬を飲ませ

「いいこいいこ」をすると

孫っちも頭をこっちに向け自分にもいいこいいこせよと主張する、

なるほど、

犬も自分も同じように扱え?それとも軽く犬に嫉妬か?

兄弟みたいだ。

 

 

そうこうしてるうち、

膝に乗ってきて、

膝の上で寝た。

 

めんこーい。

 

 

孫っちが寝る横で、

王子のお守りはぷっちゃんがしますポーズの

犬のぷっちゃん。

 

そんなぷっちゃんが好きだ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * こども * 10:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ