<< 麒麟草と蔓万年草 | main | 宝探しをするように庭仕事をする170703終焉 >>

全粒粉ミルクハースのサンドイッチ

牛乳で練った全粒粉のミルクハース。

 

ウリ坊みたいでカワイイな。

 

山型のイギリスパンと同量の粉を使って

3等分。

1個をスライスして2枚になれば、ちょうど食パン1斤を

6枚切りしたのと同じ。

食パンを6枚切りにスライスするより

1個を2枚にする方がずっと気楽にスライスできる。

しかもボリュームを感じるし。

 

 

 

 

コットンチューリップのパンをサンドイッチにする時は、

バターは塗らない。

葉っぱの水気はきっちりとキッチンペーパーで拭き取って

パンに乗せる。

 

あんな小さかった菜っ葉がずいぶんと大きくなったもんだ。

虫に気づかれる前にわたしが食べないと。

毎朝収穫、毎朝この菜っ葉にエゴマオイルをかけて

むしゃむしゃといただいている。

畑から直送の菜っ葉は「味」がある。

 

 

ケーキの御厨先生にいただいた発酵マスタード。

たっぷり!

こんなにたっぷりかけても、辛い、というのは、無い。

ちょっと塩味でちょっと酢の味。

 

ロースハムとスライスチーズ。

ハムとチーズに塩分が使われているので、極力、塩を足すのは控える。

 

またしても菜っ葉。

 

パンのふたをかぶせてみれば、

やっぱりウリ坊に見える。かわいいなあ。

 

真ん中からまっぷたつに切る。

切り口は、ハムもチーズもちょうど重なりあって2枚ずつ入っているから

ピンク色とクリーム色が太めに出て見た目キレイ。

 

ラップでピタッと包んで、

 

本日のお弁当。

パンはあまり冷蔵庫に入れたりしないし、

入れると美味しさが失われる、と思っているけど、

 

サンドイッチにすれば、必然的に会社の休憩室の冷蔵庫に入れておくことになる。

 

冷蔵庫で4時間冷やされたサンドイッチのパンだけど、

焼いたわたしも驚くくらい、

 

美味しいサンドイッチになっている。

 

塩味もちょうどいい、

マスタードもちょうどいい。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 09:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ