<< 【報告】ココカラキレイの食事会17-4月例会 | main | ちゃんとやっておけばよかった >>

地面にキスをするように歩く〜火曜日はヨガの日〜

火曜日はヨガの教室に行く日。

その前に、委託販売させていただいているオノベカに

お菓子を納品する日、これも火曜日。

 

南11条のオノベカに10時半に納品して、戻ってきて、

11時20分開始のヨガ教室は、中央体育館まで車を置いて歩いていく。

中央体育館は工房から徒歩12〜13分、信号待ちの寄て前後する、って感じ。

近い、と思う。

 

今朝から豪雨。

強い雨が斜めから降ってくる。

長靴はいて、アウターは冬用。

べちゃべちゃ。

それでも、

ヨガ教室にはよっぽどでない限り歩いて行く。

火曜日は、カラダに向き合う日。

 

オノベカ納品のための製造でたいてい、月曜から火曜の朝までほとんど寝ない。

徹夜明け。

そんな無茶苦茶にこき使ってるカラダに

「ごめんね」って言って、

一週間、ねじくれ曲がったカラダと心を

まっすぐ(に近い)状態に戻してくれるのが、

ヨガの毎週の70分。

往復の30分弱も、わたしには、ヨガ続き。

 

外の空気と風を感じ、

地面にキスをするように歩く。

こんな、

豪雨で、傘を斜めにさしても、コートも全身べちゃべちゃになるような

悪天候だけど、

冷たい水たまりの道にも、キスをするように歩く。

 

 

徹夜明けのヨガは、時間後半になるとミシミシとカラダにきいてくる。

 

先生のお話が子守唄のように、

気づくといつも、

ねじったポーズのまま、熟睡していて、そんなわたしを起さぬように

先生が捻じれた足をほどいてくれる。

 

なんて気持ちがいい。

 

 

春は、伸びる季節だから、

春は、やりたいことを我慢してはいけないそうだ。

春、我慢すると、歪む。

 

やりたい、と思ってること、

資金の面で心配だけど、やることにする。

きっと、我慢してやらなかったら、今年ずっと引き摺る。

お菓子屋も満足に全うしてないのに、次々いろんなことに手をだして、

いったい何がやりたいの?

と傍から見ていたら気に入らないと思うけど、

 

いいのさ、

回りは気にしない。

わたしは、わたしだ。

わたしの気持、を認めてあげよう。

 

 

 

 

お菓子の絵、って難しいなあ。

シュークリームがうまく描けない。

 

サチコは、描きやすい。美形で生意気な表情にすれば、それが「サチコ」だ。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキのごはん以外 * 14:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ