<< チーズごろごろライ麦パン | main | ラッピング教室体験に行ってきた >>

フリーダイヤル0120につきあってみる

固定電話の着信履歴。

フリーダイヤルばっかりだ。

これだもの、

フリーダイヤルから発信業務をしていて、

つながったさいに迷惑そうな声が返ってくるの、納得できる。

 

 

営業で発信してくる電話は、留守電吹込みが無い。

どちらさまからか、わからない。

電話番号をそのまま入力してインターネットで検索する。

なんという会社からがわかり、

内容は口コミからわかる。

 

便利な時代だ・・いや、そういうことではなく(ー_ー)!!

 

 

今日は、たまたま電話に出られる時間があり、

フリーダイヤル2本に出てみた。

 

■まずは、

0120959249

最初の名乗りで、

NTT東日本の代理店、のあと株式会社なんちゃらかんちゃら、

なんという会社名か聞き取れず

何度も確認して「ベストエフォート」。

わたしもしつこく「エホートさん?」と聞きなおすと

「フに小さいオです」と相手の男性。

 

黙って話を聞く。

光ステーションを新しいものに変えませんか?

という内容のようだ。

うちの光はワイファイがついている、

それが早くなるのだそうだ。

工事などはなく。

最後に費用の話があり、

今後3300円から変わることはなく、初月分はキャッシュバックするという。

現状500円から5000円くらいお支払いただいてるお客さまが多くいらっしゃり、

現状より使い勝手がよくなり、

今までよりもお安くなるとのことだ。

 

ここで質問をさせてもらった。

「現在、うちのその、ワイファイっていくら払っているんですか?」

返事は、ここではわかりかねます。

「では、月々の利用料金を確認してからにします」

返事は、では、確認されました頃にまた改めてご案内のお電話をします。

「いえ、結構です。必要とあればこちらからご連絡します」

返事は、料金部分がわかったら、お申し込みをご検討されるということで。。

「いえ、結構ですので、もうお電話はいただかなくて結構です」

返事は、わかりました。

でした。

 

電話を切ってうちの電話料金明細を見たくなった。

電話料金はクレジット落としにしているので、明細は来ない。

はて?

明細の見方はどこに聴けばいいのかな?

 

まず、電話とインターネットの開通を頼んだNTT東日本の代理店のフリーダイヤルにかけてみる。

 

なんと!

電話番号が変わっていた!

掛けた先は、障がい者雇用の窓口になっていた。

いつごろからこの番号ですか?と聞くと

1年半くらい前から。とな、なんと。

 

だからNTTの代理店は信用ならない、と言われるんだよ、

とひとりブチブチ言いながら、

NTTのことは、とりあえずなんでもかんでも116が教えてくれるんだっけ、

(116センターの研修を受けたことがあったので)

116に電話をかける。

 

出たオペレーターさん女性に

「ここでわかるかどうかわからないんですが、

NTT東日本の請求明細を見たいんですが」

と話してみる。

 

返事は、

お客さまは、アットリビングにご登録されてますので、インターネットでみることができます

「ほっほう、なるほど、登録していましたか・・・」

 

わたしの不安そうな声を聴いて

なにかご迷惑をかけてましたか?

「いやいや、かくかくしかじかで」と先のワイファイの機械を新しいものに交換しませんか、の営業電話の話をする。

すると、

直近のものであれば、こちらでもご案内できますのでお調べしましょうか

で、調べてもらうに、

 

うちの光ステーションは、

ワイファイエリアを広げるためのものなので、

わたしは料金負担はないのだそうだ。

 

「そうなんですね、」納得する。

だってたしか、最初の説明ワイファイの基地にするなんだかを無料で置かせてもらいます、

みたいな感じだったもの、

わたしは「無料」だけしか覚えてなくて、それがなんだったのか、

この5年のあいだにわかんなくなっていたのだ。

 

そしてさらに、

お客さまはリモートサポートサービスに入っておられますから、

ひかり電話やインターネットでわからないことがあったら

活用してくださいね、

毎月500円、払っていただいてますから、ぜひ使ってくださいね、

 

と教えてくれた。

そりゃ初耳。

そうだったんだぁ、

 

必要ないと感じられたらはずしていただいてもかまいませんが、

ついてるので使ってください、

また最初の、代理店からご案内した「ギガらくwifi」もご検討いただいて

必要となりましたらお問合せください、

 

とのこと。

なんか、女神のようなオペレーターさんでした。

0120の不審電話には、やっぱりすぐに契約しないでウラを取ってからがダイジと思ったしだいであります。

 

 

 

■長くなりますが、

次2本目の0120は、

0120301438/0120-301-348

「マーケティングエー」という会社

 

出ると、相手さま

「もしもし、」から始まった。

発信業務で

もしもし、は無いだろう、

オペレーター教育してないのか、と思いながら

聴いていると、

「電気料金を安くする」話だそうだ。

 

月々の電気料金12000円以上お使いの方が対象だそうだ。

 

「うちは対象外です」

と言うと、年間一度でも1万円を超えることはありませんか?

という、

「冬場に1度くらいは超えるかも、」

そういう方も対象です、だそうだ。

 

「でも、結構です」

 

電気料金を安くするようなお話に興味はありませんか?

「ありません」

 

めんどうな手続きはありませんよ

「結構です」

 

なんちゃらかんちゃら、

「結構ですので、もうお電話は要りません!」

 

ではまた機会がありましたらよろしくお願いします、

だそうだ。

 

いや、一生機会はないよ。

 

 

 

■もう1本は、先日の話、

0120102152

これは、NTTコミュニケーションズ

OCN等のプロバイダー運営会社だ。

 

内容は、

OCN光にしませんか?

って話からくる。

 

「OCN光?フレッツ光とは違うんですか?」ととりあえず聞いてみる。

 

NTT東日本の電話回線を借りれることになったので、

電話回線とプロバイダーをいっしょにしませんか?

 

そうすると、請求書も1枚になるし、

いまよりも年間、いくらだか結構大きい数字で安くなる、そうだ。

 

まじめに話をききましたが、

こちらからは、

 

「結構です、電話回線はこのままNTT東日本でいいです」

 

と伝えるも、やはり、どうのこうの言ってくる、

今までと変わらず、安くなるんですよ、

(ほんとにそうなら、いい話だ)

 

だが、

 

「いえ、結構です。よくわかりましたので、お電話はもう結構です」

と切らせていただきました。

 

これ、

良く調べると、

電話回線をNTT東日本から別のに移す、

つまり以前あったように、他の電話会社に乗り換えると、

もう、NTT東日本には戻せなくなる。

そうなったら、たとえばプロバイダーOCNからヤフーなどへを変えた場合

極端にはインターネットを使わなくなった場合、

それなりに方法はあるのかもしれないけど、

めんどくさそうなのは見えている。

 

だって、NTTコミュニケーションズのサイトを見ると、

OCN光よりも

フレッツ光で、プロバイダー選び放題

の方が、

サイトでの扱いが大きいもの。

OCN光、というサービスはまだまだ、なんだとわたしはみました。

 

 

そんなわけで、

本日受けた0120からくる営業電話、3本とも、

「もう電話はいりません」と

販売促進電話拒否

しました。

 

今後またかかってきたときには、

「前回同じようなお電話をいただいた際には、もうかけないでください、って言いました」

って言えばいいんです。

 

もちろん、

役に立つ情報を、電話で教えてくれるという営業電話もあります。

「そろそろアスパラの季節ですが、道外発送いかがですか」

みたいな。

以前頼んだことのあるお店からだったりすると、

「そうね、頼もうかしら」になる。

 

 

情報過多な時代、

見極めが肝心。

見極められる目と情報に流されない意志を持とう。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 日記 * 14:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ