<< CD「最期のゲージュツ」最終少女ひかさ | main | ミニカップケーキに生クリームデコ >>

嫁っち孫っちとシャネル

大丸札幌店の1階、化粧品売り場を、

シャネルの袋を振りながら闊歩する1歳7か月の孫っちくん。

 

ベビーカーには「乗りたくない」そうだ。

 

3階アフタヌーンティーにて。ママのアイス、くれくれアピール。

 

 

わたしは、研究目的での「スコーン」のセット。

いつも言っているので知ってる人は知っている、わたしの

「美味しいスコーンがわからない」テーマを探る。

隣の席の、小学生くらいの男の子が、

「このスコーン美味しい」と言っていたのが聞こえてきた。

なるほど、このスコーンは美味しいのか。

そおなのか、とひとり仕事モードとなるも、

背後に回って椅子のクッションで遊びだした孫っちくんに

現実に引き戻される。

 

レジ横で売っている焼き菓子、

今日はこのカップケーキを買ってみた。

うちで、

生クリームデコレーション用に焼いたカップケーキとほぼ同じ大きさ。

気持、うちのが小さい。

 

「ツインレモンケーキ」

他にも緑色のや、茶色いのがあったから、いろんな味のバリエーションがあるのだろう。

今日は、この黄色いのだけ買ってきました。

レモンケーキゆえに、レモン味。

材料にレモン果汁、レモンピール。

マーガリンなどなど。

これで、432円(込)。1個200円+16円(税)。

高いか安いか。・・・・

 

「そおだろうな」とわたしは思う。うちは、1個200円(込)。

 

せっかく嫁っち孫っちとおでかけしても、

いや誰と一緒でも、ついには菓子職人・菓子屋オーナーの目になってしまう、

いいのか、わるいのか。

「そんなもんだよ」と、思う。

 

 

嫁っちが買ってくれた、シャネルの口紅。

「お誕生日のプレゼント」ですって。

ありがとう。とっても嬉しいです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * こども * 20:40 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ