<< あたりまえのパンを焼くということ | main | ホワイトデー2 >>

ホワイトデー1「はるにれ児童会館お菓子教室」

2017年3月11日(土)はるにれ児童会館にて

「ご近所先生ホワイトデーお菓子作り教室」開催。

講師してきました。

 

上記画像は、もう終わっちゃって子供たち自分の作品を

きっちりデコレーション箱にしまって

帰りのご挨拶を待っているところです。

 

講習中の写真はもちろんのこと、出来上がったさまざまなデコレーションケーキの写真を一枚も撮ることができませんでした。残念極まりないです。

 

その代り、準備の写真がいっぱいあるので

準備中と、それからその後のお話を少し書こうと思います。

 

 

今回、教室で作るお菓子は「デコレーションケーキのデコレーション」でした。

以前、中学生とそのお手伝いをしてくださる大学生を対象に同じ内容で講習をしたことがあって、

その時、ほんとにさまざまなデコレーションにわたしも驚かされ

また参加したみなさんにも大変喜んでいただけたので、

 

小学生で小さい子から大きい子までいて

経験値もそれぞれだけど、

今年度の集大成として、デコレーションケーキをやりました。

 

中学生の時と同様に、ケーキはこちらで焼いておき、

子供たちは、生クリームを泡立てナッペとクリーム絞りをする、というもの。

 

生クリームの泡立ては一人150mlですが、ハンドミキサーではなく、

手で泡だて器を持って泡立てます。

「え〜?うちでは機械のがーってやつでやるよ」と言う男子もいましたが、

「今日は、手でやります」と言って、みんなボールを抱えて手で

泡立ててもらいました。

 

そうそう、今回は申し込み16名のうち3名が男子でした。

 

だってバレンタインにお菓子をもらってのお返しが、

もともとのホワイトデーですものね。

 

 

スポンジケーキは、直径12センチを18個用意。

16人分と、わたしのデモ用と、一個予備。

 

18個分の上と下(底)をカットしたら、端っこケーキがたくさんできます。

前回中学生教室の際は、これ、上下をカットする、をしないでやりました。

その時やっぱり、上部をカットしないと、上の柔らかい焦げ色のついてる部分が

クリームと混ざってはがれてしまうのと、

底は固い。

だから今回はカットして、

そしてこのカットした部分を、教室時間内の子供たちの試食に使うことにしました。

 

今回は、できあがりを試食タイムがありません。

ホールで仕上げたケーキをそのまま丸ごと箱に入れてお持ち帰りするのです。

 

これが後日たいへんご好評だったと主催の児童会館から伺いました。

「箱に入れた高級感が、すごく良かった、って好評でしたよ」と。

おうちに持って帰って家族に見せた時の

「うわー!すごいねーこれ、作ったの?!すごいねー」って場面が浮かびます。

 

 

 

それから、18人分の絞り出し袋と口金。パレットナイフも用意。

グラニュー糖も用意。

 

生クリームをボールに入れる。

お砂糖入れる。

泡立て方、泡立て終了の見極め、

スポンジの間に塗る、果物はさむ、クリーム上に塗る、

スポンジの回りにクリーム塗る(ナッペ)

絞り出し袋にクリーム入れる

右手に持つ

絞り出し方のバリエーション、

くだもの飾りのバリエーション、

ここまでを、段階ごとにデモして、子供たちにやってもらう、

クリームが足りなくなった子のために、別にクリームを泡立てる

足してやる

回りを綺麗に拭いてあげる。

箱の組み立て方を教える

箱に入れる。

 

できあがりー。ってな感じです。

 

終わりのお話を、児童会館の館長さんがされているとき、

男子の一人が言いました、

「だからケーキって高いのかー」

そうそう!そうなんだよ!!よく気が付いてくれたね、

一切れのケーキを作るのに、この作業をするんだよ。

それは、材料費だけじゃない、機械的に塗って絞ってってだけじゃない、

細かな職人芸がプラスされて、

そして可愛いケーキ、カッコいいケーキ、面白いケーキができあがるの。

やればやっただけ、もっともっと楽しくなるよ。

 

また機会があれば、一緒にケーキを作りましょう。

 

 

 

 

うちでお留守番していたスポンジケーキ。

 

11日の講習のために10日焼いて12日の話です。

 

ジャムと、前日の残ったホイップクリーム。

 泡立てて残ったクリームを持って帰ってきてました。

 

イチゴジャムと生クリームだけですが、

これね、とっても美味しいのですよ。

 

 

スポンジは3日目ということになりますが、実に食べごろです。

焼き立てケーキが美味しいなんて、嘘ですよ。

だいたい焼き立ての熱いケーキにデコレーションなんてできないですから。

 

粉物は寝かしてなんぼのもん、まさにその通りのスポンジです。

 

お弁当。お弁当にケーキって変ですか?

え?だってお昼休みに菓子パン食べてないですか?

ホットケーキ朝食にしてないですか?

 

それしてるなら、こっちの方が絶対健康的ですよ。

横に苺やフルーツ入れて。

 

わたしはお菓子屋ですから、試作のお菓子や賞味期限のお菓子をお昼に食べます。

会社の自販機のコーヒーは紙コップで70円ですが、

美味しくいただいています。

 

 

2016年度も児童会館さまとはたくさんお仕事させていただきました。

お菓子作り教室には毎回たくさんの方が来てくださり、

定員越えもしばしばになりました。ありがたいです。

 

 

子供たち、ママと赤ちゃん、

おやつを手作りすることをここから初めて

なにかちょっとだけハッピーな気持ちが芽生えたらいいなあ、

 

「小学生の時、プロのケーキ屋さんに習ったんだよ」って

自慢してくれたらいいなあ、

 

 

と思っています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ