<< 顔を隠して寝るサチコ | main | オーダーは「ひな祭りに娘がハッピーなるケーキ」 >>

【スパイス】ハーブ塩レバー

ハーブ塩レバー

という名前にしたら、

「ハーブ塩を最後にかけるの?」と

 

塩レバーの作り方を教えてくれた友達から

逆に聞かれた。

 

「ハーブ塩」ではなくて、

「ハーブ」と「塩」に漬けたレバーです。

 

最初っからレバーが嫌い、レバーはダメ、という人に

敢えて「食べてごらん」とはもう言わない。

これはレバーわりかし好き、という人へ。

「食べてみて、ね!美味しいでしょ、コレ!」

というくらい、きっと、これ美味しい。

 

いや、最初に教わった「塩レバー」もきっとすごく美味しいんだ。

その塩レバーのバリエーション的。

同等かそれ以上に美味しい、とわたしと試食させた友人からも

絶賛!!(^^)!!

 

 

ワインのバーで出せば、これ、1品1300円取れるよ、だとさ。

う〜〜〜ん、・・・そうかも。

 

水を変えて綺麗にしたレバーを塩とハーブに漬けこむんだけど、

そのハーブは「オレガノ」。

オレガノに漬けこもうと思ったのは、突然の思い付きだ。

今日は「塩レバー」を仕込もうと思ってた朝に、

こんなものを見てしまった。

 

北海道新聞web版

サケの稚魚、ハーブで健康 道増殖事業協会が寄生虫予防 資源増に期待

 

 

このハーブが、「オレガノ」だったのだ。

鮭の稚魚の寄生虫予防が、人間に当てはまるかどうかという

そういう問題じゃなく、

「オレガノ」かあ、イタリアンなあの香りね、レバーの臭みも取れるかしら、

という発想。

 

こんな感じで、塩とオレガノをまぶして

ひと晩漬ける。

ひと晩・・・・つまり6~8時間ね。

 

漬け終わったら、

今一度、流水で洗って、

そして、たっぷりの水で火が通るまで茹でる。

 

すると、

なんと、

 

ハーブがくっついていたレバーの表面に

黒い斑点模様が!

 

(ー_ー)!!

 

なんか、グロい(>_<)

 

地球外生命体が大気圏突入の際に火傷を負ったんだわ、

と説明したら信じてもらえそうだ。

お友達が教えてくれた「塩レバー」の出来上がり写真は、

こんな斑点はなくて、コロンコロンとしたレバーまんまだったけど、

 

わたしのハーブ塩レバーは、

斑点模様有りで、このまま出すのはどうかな、

 

と思ったので、

スライスして、お皿に並べる、という方向に持ってくことにしたわ。

 

 

ほぉら、切ってみると

フォアグラみたいな綺麗な色!!

フォアグラは、ちょっと言い過ぎかしらね、

 

オレガノの香りがしっかりとレバーに移ってオレガノ味。

イタリアンだ。

追い打ちをかけるように、オリーブオイルを上からたら〜りとかける。

 

イタリアン!

ワインは、白、かな。

ワインじゃなくて、白いご飯にのっけて食べたい。

 

 

■ハーブ塩レバー

【材料 作りやすい量】

鶏レバー 300g

塩    大さじ1弱

オレガノ 大さじ1

 

【作り方】

1・鶏レバーは洗って脂肪を取り水に10分つける

2・1を2回繰り返す

3・水を切り塩とオレガノをまぶして一晩おく

4・3を洗って塩とオレガノを落とし、たっぷりの水で火が通るまで煮る

5・味を見る。しょっぱい時は水に浸けて冷蔵庫保存。よければそのまま冷蔵庫。

6・食べる時にスライスして、好みでオリーブオイルとオレガノを振り掛ける。

※仕上げのオリーブオイルをかけると、オレガノ臭レバー臭が薄らぎます。

それぞれの味をしっかり感じたい時はオリーブオイル無しで。

どちらでも、冷たくひやして。スライス、オイル掛け、飲み込みやすいです。

焼き鳥のレバーのようなモゴモゴした感じはありません。

 

【※追記】3/5

3月3日に作りぃの、本日3月5日で3日目ですが、味がなじんで

攻撃性がなくなり塩とハーブがまろやかになってより食べやすくなっています。

中一日冷蔵庫でしばし寝かせるも有りです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:おうちごはん

コットンチューリップ:小林純子 * スパイス・ジンジャー・ハーブ * 19:03 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ