<< 【スパイス】ローリエとキノコの香り豊かなスープ | main | 薄力粉から作るホットケーキ >>

【スパイス】フェンネルとサバのおかゆ

青魚サバを入れたお粥さん。

 

アオザカナとは、背中が青い魚のことを言う。

イワシとか、さんまとか、サバとか、ニシンとか。

青というか銀というか、その光った背中は美しいなあ、と思う。

そこにサバはちょっと模様が入っていて。。。。。。あ、今日は色や魚のデザイン的な話ではなかったです。

 

お粥のはなし。

お粥は良いです。体の中から本当に体を温めてくれます。

少しのおコメをたっぷりのお水で炊くので量も増えるから、

もちろんダイエット中もいいし、

飲み込みやすいから、心や体が病んでる時もいい。

「アツっ!はぁ〜〜〜っ!」ってあっためてくれます。

 

 

そこに「サバ」!(^^)!

そして「クコの実」 材料見たたでけで癒しパワー炸裂。

 

フェンネルは、

魚のハーブ、って言われる魚の臭い消し。

単体での香りを嗅ぐと、うちの近所の薬膳カレー屋さんの匂いを思い出す。

匂いだけで「薬膳〜〜〜」って気分になれる

というのが、わたし的フェンネル。

 

クコの実はもう言うまでもなく、

中華料理や薬膳料理にはかかせないスーパーフルーツ。

ちょっと入ると赤い色が可愛い。

 

またサバの話に戻りますが、

魚って、食べないより食べた方が良い、ってなんとなく思う。

魚を食べると頭が良くなる、とスーパーの魚売り場では歌を覚えてしまうほど。

そこらへんの魚パワーが「DHA・EPA」

 

「さばで健康・いろいろなお料理に水煮」税込で130円くらい。

お手軽かと思いまして、今回これを使いました。

 

サバは1パック全部入れて、炊飯器おかゆコースで。

うちの炊飯器のお粥コースはスタートから終了まで65分かかります。

けっこうかかりますね。でも!

美味しいですよ。

今回は、サバの水煮にもともと含まれている塩分のみで。

仕上げにもフェンネルを振って、なるべく塩は足さない方向で。

 

■フェンネルとサバのおかゆ

【材料 1人分】

サバ水煮(缶でもパウチでも)固形分50~60g

(生魚、お刺身も可)

米   2分の1合

クコの実 10粒(洗っておく)

フェンネル 2振り

水   2カップ

【作り方】

1・コメは研ぎ、炊飯器に分量の水と共に入れる

2・サバ、クコの実、フェンネルも入れる

3・炊飯器のおかゆコースで炊く。おかゆコースが無ければ普通に炊いても大丈夫。

4・または大きめの鍋でコトコト炊いても良い

5・炊き上がったら器によそってフェンネル(分量外)を振る。

 

 


 

 

 

 

グリル&煮込み料理レシピ
グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 11:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ