<< ミルクハース〜簡単は美味しくなくても良いのか〜 | main | レモンのケーキが焼けない >>

17-02月心境

もう3月だ。新年度からの事業計画を・・・・とフツーの企業のように、わたしも頭を捻ってみる。

 

やりたいことがたくさんある。

 

あれもやりたいこれもやりたい、もっとしたいもっともっとしたい(あ、(ー_ー)!!

 

砲弾騒ぎでうちの前が空き地になっている。

「どうもあの土地はこうなるらしい」と裏情報を聞きつける。

そりゃ困る、

「じゃあ、純子さんがこうしたら?」

いやそれはこうでしょ、

「じゃあこうしたら」

いやそれはああでしょ、

「あれもいや、これもいや・・」呆れた情報屋は茶化す。

 

 

そう、あれもいやだ、それもいやだ、これもいやだ、

全部いやだ、こうじゃなきゃいやだ。

 

イヤだ!と言う。

ノーと言える純子さん、だ。

 

もう、

いいよいいよ、どうぞ、それでいいですよ

とは言わないことにした。

にこにこ笑って、「それでいいです」と言ってきたわたしは結果、

「だから純子さんは舐められたんですよ」

ってことになってきていた。

 

それは困ります、こうしていただきたいです。

 

そう言おうと思う、もうわたしはネエチャンじゃない。

オバサンだ。

もうネエチャンではないことを自覚して、ちゃんとオバサンとして生きて行こう。

 

 

やりたいことがいっぱいある。

お菓子屋だけど、ベースのわたしは作家である。

焼き菓子作家。料理研究家。

作家であり研究家だ。

文章も書けば絵も描く。

食べ物や生き物のナゼを考え、

心のうちを発信する。

その上での、コットンチューリップのオーナーである。

 

やりたいことがいっぱいある。

身につけた資格、人脈、雑学、狡さ、強かさ・・・強かさ?ん?まだ負けてるな(誰って?土地を争うことになるかもしれない相手に)わたしはやっぱまだまだ未熟者だ。

 

 

さあ、明日はどっちだ。

 

 

「明日はどっちだ」真心ブラザーズの歌ばかりトップで表示されるんだな、わたしの心境は「あしたのジョー」的な。

おいらにゃ獣の血が騒ぐ、である。

尾藤イサオだ、知る人しか知らない、そんな時代になってきた。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 13:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ