<< 札幌市中央区北1条東11丁目砲弾 | main | 母屋解体170128-10:00 >>

雛の死

朝、起きて新聞取りに玄関開けたら、

玄関前にスズメが落ちていました。なんでうちの玄関に落ちていたのか・・・?

 

 

生きてるか死んでるかわからなかったけど、

家に入れて、スズメのためにストーブの火力大きくして、

 

そうしたら、少ぅし動いて。

しばらく

眠ったような、ただ眠ってるだけのような、

 

それから一度大きく羽を広げようとして、

片側だけ広げて、

 

そのあと、自然に、

死んじゃいました。

 

 

知ってる。

野鳥を拾ってきてはいけないのです。

野鳥は、ヒナが落ちていても拾ってきてはいけない。

親鳥がなんとかしてくれます。

カラスも野鳥だから、

飼ってはいけません。

 

カラスの死骸が道路わきにあったとき、

市役所に電話をしたら

業者さん手配して片づけにきてくれました。

片づけたのかちゃんと葬ってくれたのかはわからないけど、

 

やるべきことは、

 

汚いものを疎んじるのではなく、

出来る限りのことをしてあげる。

 

命を差別しない。

わたしはいつもそのスタンス。

 

 

娘が高校生だった頃、

やはり落ちてたスズメのヒナを拾ってきて、

相談した獣医さんにこっぴどく叱られた。

ヒナを拾ってきてはいけない、と。

 

でも、弱ってるヒナの扱い方を教えてくれて、

 

ヒナは、娘の後を追って走るようになって

すくすくと育っていったが、

 

やはり、

死んじゃったのです。

 

「ヒナ」と名付けていた。

 

 

今朝、スズメを拾ってから普通に

「ヒナ」と呼び続けた。

 

あの時のヒナが帰ってきたみたいだった。

 

 

※今日は、燃えるごみの日なので、

まだ間に合うかなと外に出たら、母屋の解体作業中で重機が道を塞ぎ

ゴミステーションに行けない感じ。大雨だし。

運命だわと悟り、

ヒナにお花を飾ってお線香あげようかと。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 日記 * 11:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ