<< プルーンの焼き菓子 | main | プルーンのパン >>

プルーンのマフィン(ミックス粉とプルーン)

プルーンのマフィンです。

これは、めったにやらない「ミックス粉」を使っています。

ホットケーキミックスや、マフィンミックスなど、

みなさんお使いだし手軽で簡単なのはわかるのだけど、

やはりどうも、

原材料を見たりすると、「うううううむ」となってしまうのでした。

それより何よりもね、

味がなんというか、なんというか、なんというか・・・・違うなあって。

 

うん、一番は味かな、

これは、そうだなあ、

例えるなら、昆布とかつおで自分でとったダシと、

市販されてる粉末のダシの素をささっと入れてできたダシ汁の違い。

 

または、コーヒー豆を挽いて落としたコーヒーと

インスタントコーヒーをお湯に溶かしたコーヒーの違い。

 

そんな感じ。

 

そんな感じは、やっぱり、自分で選んだ素材で、手間暇かけて作ったものの方が美味しいし、カラダにもココロにも良い、ってことは紛れもない真実だけど。

だからと言って、

ほんだしや固形コンソメやネスカフェを否定するものではなくて、

実際、わたしだって使うこともある。

 

ここらへんの葛藤をいつもいつも自分の中で戦わせながら、

いるわけで。

 

 

で、本題に戻れば

マフィンミックスを使っての油脂をプルーンに代替のマフィンを作りました。です。

 

ミックス粉にもいろんなのがあるでしょう?

この粉は業務用の食材屋さんに売っていたマフィンミックスで

小麦粉と砂糖とあと小麦でんぷんとか、脱脂粉乳、膨張剤や増粘剤や香料などがミックスされていて、

自分で足すのはバターなどの油脂と牛乳と卵。

ミックス粉 200

牛乳(水)50、卵50g、油脂(バターや植物油など)50、が基本分量。

 

これを、ちょっとヘルシーに置き換え

牛乳をヨーグルトへ、

バターをプルーンピューレへ。詳しい分量はこのブログの1番下に記載します。

 

全部を低速でミキシングして

あとは焼くだけ。

さすがに簡単なんだわー。

 

トッピングはオレンジママレードを入れた紅茶に漬けこんだ

シチュードプルーン。

200gの粉で4個です。

 

材料を混ぜる順番とか、

ふんわり混ぜるとかさっくり混ぜるとか、

そんなこと気にせずにぐるぐるよーく混ぜればいい。

こんもり膨らんだマフィンが焼けます。

 

さすがミックス粉ですね。

 

 

プルーンピュレは、

ドライプルーンとぬるま湯をフードプロセッサーで撹拌して、

どろどろのペースト状にします。

密閉容器に入れて冷蔵庫で1か月くらい保存できますから、

プルーン200gぬるま湯90mlで作っておくとよいです。

 

 

どの袋も200gには足りないので、

200gになるようにミックスしました。

 

似ているがそれぞれ否なるもので、

産地が違っていたり、

「原材料プルーン」もあれば「原材料プルーン、植物油、保存料」もある。

いろいろ入っているから悪い、というものでも無いであろう、と思いたい。

 

 

 

というわけの、

マフィンミックス粉のプルーンのマフィン。

【材料 マフィン型4個分】

マフィンミックス粉 200g

卵 1個

ヨーグルト 60g

プルーンピューレ 50g

トッピング用 シチュードプルーン 4個

【作り方】

1・粉に卵、ヨーグルト、プルーンピューレを入れて低速のミキサーで良く混ぜ合わせる。

2・マフィンカップに均等(約90g)に入れる

3・シチュードプルーンをカップに1個ずつ乗せる

4・170℃のオーブンで20分前後で焼く。

 

 

 

プルーンの料理レシピ
プルーンの料理レシピ

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * マドレーヌ・フィナンシェ・マフィン * 09:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ