<< 宝塚花組全国ツアー・千秋楽「仮面のロマネスク」 | main | 煮干しの胡麻キャラメル(ごまめ風) >>

読書の秋

読書の秋、

本をむさぼるように読んでいる。

ずっと置いてあってなかなか読めずにいた本たち。

 

本は知らない世界に連れて行ってくれる。

本は知らないことを教えてくれる。

 

ジャンルにこだわらず

作家にこだわらず、

手当たり次第に読む。

 

「風の中のマリア」はスズメバチの働き蜂が主人公。

女戦士。強いんだ、これがまた。

残酷に殺戮を繰り返す。

侵略と殺戮は巣の繁栄のため、恋もしない。。。。。。

思うところがいっぱい。面白かった。

 

それから、

新田次郎の「孤高の人」。

この本から学んだことのひとつが、

「小魚を食べよう」ってこと。この本読んで、煮干しを食べることにした。

(もうひとつこの本から学んだことは「思っていることはちゃんと声に出して相手につたえなきゃ」ってこと。

それはまたいつか別に書きます)

 

考えた煮干しのおやつ。

ごまめ(田作り)ともいうけど、煮干しを乾煎りして

キャラメルがけして白ごまを絡める。

スイーツの会や

コットン食事会で出すと超ご好評につき、みんなに作り方を教えている。

作り方とかいろいろ:http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823757

作り方クックパッド:Cpicon 煮干しのごまめ(田作り)風ゴマキャラメル by cottonchu

 

 

JUGEMテーマ:

コットンチューリップ:小林純子 * * 15:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ