<< 紅いもと胡桃のちぎりパン on レシピブログmagazine Vol.8 冬号 扶桑社 | main | シュークリーム >>

このためにシューを焼きたくなる「キャラメルシューラスク」

シューラスクは、
シュークリームをたくさん作って残ったシュー皮、
失敗したシュー皮のリサイクルで作ることが多いのだけど、

サクサク!甘くて!軽くて!

手と口が止まらなくなるから、
このラスクを作るために、わざわざでもシュー皮を焼きたくなる。


生乳100%の美味しい生クリームを煮詰めてキャラメルを作り、
シューのへこみにたっぷり目にいれて
スライスアーモンドを乗せ、低温のオーブンで乾燥させていくのだが、
実は、キャメルが焦げたほうが
ビターというか、苦味があって美味しいのだ。

シューで言うとふたの部分の小さくて薄いのが、
早めに焦げるから、
味見も兼ね、にがいのがスキも有り、
小さいとこから、ずんずん無くなっていく・・・・あ、わたしが食べてるんだった(-"-)

シュークリームを焼く時は、
ついでに、
皮をたくさん焼いてラスクにする。
シュークリームが納品された後の、ごくろうさんのお楽しみ。

ついでに、スライスアーモンドや胡桃等のナッツも
きちんとローストして中まで火を入れた方が、
だんぜん美味しい。
ちょっと塩を振れば、おつまみで売ってるナッツの上をいく美味しさになる。
手間ひまってだいじだ。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * シュークリーム * 09:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ