<< ゴマ油の食パン | main | パルミジャーノレッジャーノ >>

Last Christmas cake(去年のクリスマスケーキ)


去年2014年のコットンチューリップのクリスマスケーキ。

2012年とほぼ同じ。
2012年にはこのクリスマスケーキの記事をけっこうな数、
書いているので興味があってお時間がゆるせば、このブログの上部、
タイトルの右下にある検索窓に「クリスマスケーキ」と入力して検索してみてください。
コットンクリスマスケーキの記事がずらずらずら〜〜〜っと出てきます。

今頃、何故にクリスマスケーキか、と思うよね。
わたしも思います、すみません!

まず、昨年クリスマスからお正月、年末年始、ずーっとなんだか忙しくて、
クリスマスケーキのアップができなかったことをずーーっと、
気になっていた、というのと、

きのう、フルーツミンスの漬けこみ追加をしたものだから、
その気になっていたことに拍車がかかり。やっぱりアップしとかないと!って。


2012年のケーキと、2014年の違いは、
トッピングでしょうか。
チョコがけしてそれを糊代わりにして、トッピングは文字通り
後のせしている。
2012年は、生地に乗せてから焼いていて、杏や無花果といった
高さのあるフルーツが焦げ気味になることを宿題にしていたので、
これを解消すべく、後のせにした。というとこ。

あとはほぼ変わらず・・・・あ! お値段、上がりました!この話題は今回はスルーさせていただいて。。。


これが↓トッピングの材料たち。奥がナッツで手前がフルーツ。


夜撮影と、朝撮影でぜんぜん色が違いますね、↓は朝撮影。鮮やかです。

ナッツはカラ煎りして砂糖がらめ。
ドライフルーツはいったん湯で戻してブランデーで煮なおしてます。


ケーキの中に入っているフルーツミンス。
赤はクランベリー。オレンジはアンズ。レモンで煮なおし。
黒いのは、レーズン、カレンツ、プルーン、アロニア、無花果、パイナップル、りんご、まだ何か入ってるかな。ずーっと漬けてるとこうなります。


減るとそれぞれ漬けてあったフルーツを足します。
下は、カレンツ。


足して混ぜて、使って、減ったらまた足して。
新たなフルーツは、ラム酒につけて寝かして


こんなケーキになります。

時間をおくほどに、たっぷり入ったフルーツミンスから、
美味しさがじわじわとケーキに伝わり、ケーキが熟成していく、というもの。
少なくとも焼いてから5日、できれば2週間は寝かせてその時を迎えて欲しい、というもの。


昨年は11月末からこのケーキをたくさん焼いてたくさん発送しました。
札幌市内には、あまり出ていかなかった。地方発送ばっかり。
夜中の中央郵便局に何度か走った。


2012年に、この焼き菓子屋を続けられず辞めてしまおうか、と思った時に
最後の材料で作り出したこのケーキを、
覚えていてくださったお客さまのご要望で、2014年に「同じの」を焼くことになり、
結果はまったく同じのにはならずところどころ改良をしたのだけど。
そのオーダーを焼きながら、
あちこち発送していたら、
追加オーダーをいただいたりして、とうとうクリスマス過ぎて年末までこのケーキを焼いていた。

そういえば、2012年のときは、
クリスマスに買ってくださったお客さまが「お年始にも」ってご注文くださったり、
なんだかんだと2月も3月もクリスマスケーキを焼いていて。それが2013年。

しばらく間があいて、2014年のクリスマス。

まだまだ気が早いけど今年もまたこれにしようかな、
いや、違うの考えようかな、

なんてことをフルーツミンス漬けこみながら、思いながら、やっとこさアップした。
バレンタインに焼いたお菓子のアップもまだ完了していない。

ブログ書くのはは結構たいへん。でも書かないと。ね。




JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * クリスマス * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ