<< ご案内「ペットの手作りごはんのススメ」 | main | 報告:リビングセミナー「手作りわんこめしと薬膳」 >>

春休みこども菓子教室「生チョコ」


写真は、分量のバターを切ってるところから。

導入部分は、わたしもバタバタで写真撮れず(*_*)


包丁を使う作業は、
最初の工程、
板チョコを刻むとこで見て、いちおう「だいじょうぶ」とは思うけど、
それでも目が離せない。



子供たちの希望は、
「ろいずみたいなやつ」.....うーん、ロイズ、なるほどね(^.^)

どうでしょう、
「生チョコ」。簡単だけど、できれば一晩冷蔵庫で冷やし寝かせたい

1時間計って冷蔵庫、様子、見ぃ見ぃ



冷やし固めてる間に、箱を組み立てる。
今年のバレンタインで使った、
可愛い系の箱。けっこう高かったけど、こういうのに入れると入れないじゃ
ぜんぜん違うので、
使う。


あとはちょこちょこ、冷蔵庫、冷やしながら、
こどもたちの手、温かいので
手も冷やしながらの作業。

丸めてココナッツファインをつける
これは簡単。

いちばん大変なのは、
それこそ「ロイズの生チョコ」みたいな石畳。

長方形に綺麗に・・・・だってまだ固まってないものね、
そりゃあ難しいわ。



できた!!


ほぅら、プレゼント、できるよ!
でも、ちゃんと冷蔵庫で固めて、明日以降にするのよ。


試食ターイム(^◇^)


ね、箱にいれると、お店っぽいでしょう?


洗い物までしっかりできました。
ご挨拶もきちんとできるいい子たち。

おつかれさま。


小さいお客さんが帰って・・・・



ぷーちゃんも疲れましたよー

教室のあいだ、別室でケージに入れられてたのが不満で
吠えまくっていたんです。
「看板犬のぷっちゃんをのけものにするなんて!」ってね。




子供たちからは教わることがたくさん。

ありがとうございました。


3種のチョコレート。
わたしも「ブラック」が良くできてると思います。
美味しい、
ほんとに美味しくできました。これは、大人の味。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 21:29 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ