<< フジヲさんの完熟きゅうり「魔女漬け」 | main | ネットショップ >>

隠れ家、間仕切りと桑の実と。


リビングと、キッチンを隔てる壁に
硝子戸が入った。

この窓は、開かない窓。壁。

なんとも、不思議な魅力的な、ガラス窓。


左が、廊下で、そのつきあたりが、
泣くにちょうどよい、隠れ場所。

家の東側になります。


西側の、キッチンの窓から外を眺めていたら、
風に揺れる木の枝から
見え隠れする、

赤い実、白い実、黒い実・・・・


ねえねえ、たいらさん、あの木に何か実がなってるよ

「おお、じゅんこさん、これ、桑の実ですよ、
 オレ、子供のころ、木に登ってずっと食ってました、甘い実です、
 じゅんこさん、食いますか?」

どれ〜?
あら、ほんととっても甘いわ(^_^.)


でもね、
あきらかに、隣の敷地に生えてる木なの。残念だわ。




コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 01:27 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

本州では「ドドメ」というらしいです。
Comment by Lot @ 2012/07/04 7:29 PM
Lotさん
 近所の小学校に桑の木があるけど、なんだか葉っぱの形が違う気がする。
Comment by cottontulip @ 2012/07/04 10:37 PM
あの窓枠を見ただけで、何だか 私までわくわく(枠々?)
してきました。
既に 雰囲気がありますね。

お隣さんに生えている 桑の木 偶然にもマルベリー
ですよねぇ。
cottonさん 頂きたいでしょう?
Comment by Ray @ 2012/07/05 6:16 AM
Rayさん
 うふっ、いただきたいです♪
桑は、本州の木だよね。地図記号にもなってる。

 札幌の桑の木はね、北海道開拓の時代に本州から持ちこまれた木が多いの。本州から北海道に渡ってきた人はね、
養蚕をすれば産業がおこせる、と考えたんだって。
それからそんなに遠くない未来に化学繊維が入ってきちゃうんだけどね。

Comment by cottontulip @ 2012/07/05 8:42 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ